超人気俳優Xは誰?主役ドラマも多数の既婚タレントに黒い疑惑【TOCANA】

スポンサーリンク

 

こんにちは、みわです♪

 

みなさん、芸能界の黒い噂や闇など普通の週刊誌などでは扱わない案件を報道するメディア『TOCANA』が黒い疑惑のある芸能人を公表しました。

今回黒い疑惑を指摘された芸能人ですが主役ドラマも多数の既婚者の超人気俳優Xとのことですが、真相はいかなるものなのでしょうか。

そこで、 この記事では超人気俳優Xは誰?主役ドラマも多数の既婚タレントに黒い疑惑【TOCANA】と題しまして超人気俳優Xについてご紹介していきたいと思います。

どうぞ最後までゆっくりとご覧になってください。

スポンサーリンク

超人気俳優Xに黒い疑惑をTOCANAが指摘!

TOCANAの報道によると 主役ドラマも多数の既婚タレントの超人気俳優Xに黒い疑惑の噂が飛び込んできたと報じています。

実は超人気俳優Xはバイと言う噂が数年前から流れいて新宿二丁目などでの目撃情報も過去あるようです。

そんな超人気俳優Xですが大手芸能事務所所属しており、写真集も出している人気男性俳優で既婚者で子供もいるようですが黒い疑惑の使用は行為の時に行っているようです。

超人気俳優Xの人物像

ではまずここでは超人気俳優Xの人物像をTOCANAの報道からまとめてみたので紹介します。

 

超人気俳優Xの人物像

・大手芸能事務所所属

・多くの人気ドラマ、映画やCM、舞台などにも出演

・写真集も出している

・既婚者で子供もいる

・爽やかなイメージ

・男らしさも打ち出せる主役を張ることもある

・超人気俳優

 

という、超人気俳優Xの人物像が浮かび上がってきました。

TOCANAの報道を見る限り、年代的には30代後半から40代の男性タレントのようですね。

しかし、バイで行為の時に黒い疑惑を使用とは驚きましたね。

以前NMさんが逮捕された時も同様な使用方法だったので驚きです。

 

スポンサーリンク

超人気俳優Xは誰?

さてこの超人気俳優Xが誰なのかすごく気になってグーグルやTwitterなどあらゆる手段を駆使し探してみたところネット上ではすでに何名かの俳優の名前が挙がっているようです。

中でも声が多く上がっているのはKさん、SOさんあたりの声が多いです。

という事でこの2人がTOCANAの報道する黒い疑惑のある人物なのか検証していきたいと思います。

Kさん

実はKさんはカミングアウトしています。

男性で付き合う名ならば京本正樹さん、女性ならば天海祐希さんと美形が好きなようです。

大学卒業後、銀行へ就職が内定していましたが働きたくないが強かったようです辞退しています。

その後今後自分が目指す道を選ぶにあたって消去法で決して行き最終的にたどり着いたのが芸人でした。

現在結婚もしていませんしドラマや映画などには出演していませんよね。

という事でKさんはカミングアウトしていますがTOCANAの報道する人物ではないようです。

SOさん

SOさんは今や日本を代表する超人気俳優の一人で後輩若手俳優にも憧れの存在のようです。

小学校の時に内田有紀さんが出演するドラマのオーディションに応募して合格しエキストラで活動を始めました。

その後、連続ドラマ、NHK大河ドラマ、映画に舞台などでも大活躍を納めています。

さらに近年ではハリウッド映画にもチャレンジしており今後は海外での活動がメインになるのではないかと言われています。

また2012年にはモデルで女優と結婚し現在では2人のお子さんがいます。

確かに見た目はさわやかなイメージですが、ドラマや映画によってはかなり男らしさが強い役を演じることもありますよね。

という事はSOさんが今回TOCANAの報道する人物に近い感じがしますが、所属する事務所は業界では大手でないことから超人気俳優Xの可能性は低そうです。

今回、Kさん、SOさんの名前がネット上で挙がっていたのは、たまたまTOCANAの報道するキーワードに一致する部分が多かったので、噂になったのかもしれません。

引き続き主役ドラマも多数の既婚者の超人気俳優Xについて調査を続け新情報が入り次第ご紹介していきます。

スポンサーリンク

 

みわ
演技派人気女優にも黒い疑惑があるようね

超大物演技派人気女優Xは誰?日本を代表するタレントに黒い疑惑をTOCANAが指摘

 

 

まとめ

さてここまでご覧いただきありがとうございます。

私なりにTOCANAが黒い疑惑を指摘する超人気俳優Xについてご紹介させていただきました。

いや~もしこれが事実で逮捕となればNMさん以来となり芸能界に衝撃が走りますよね。

ファンのためにもあくまでも噂で終わるといいのですが・・・

それでは最後までご覧いただきありがとうございます。

 

スポンサーリンク