風邪を予防する方法や食材をご紹介!寒くなるときこそ要注意!

スポンサーリンク

こんにちは!みわです。

 

季節の変わり目や気温が徐々に下がってくる季節になると、風邪を引きやすい・・・

そんな悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか。

 

風邪をこじらせてしまうと長引いてしまうこともありますし仕事や家事の効率が下がってしまうことも。

 

この記事では風邪をはねのけるための風邪予防について具体的に紹介します。

 

どうぞ最後までゆっくりとご覧になってください。

 

スポンサーリンク

 

風邪を予防するための食材

 

風邪にかからないように予防するためには身体の内側からしっかりと防いであげることが大切です。

 

身体を温めると免疫力の向上に繋がります。

例えば身体を冷やしてしまったり、血行不良になるとさまざまな不良を引き起こす原因になります。

 

季節の変わり目だからこそほっと一息つける時間も大切です。

1. 生姜

漢方にも使われる生姜は、免疫力の向上や殺菌効果、喉の痛みの改善など風邪のさまざまな症状にもし生姜は効果的です。

 

生の生姜にはジンゲロールと呼ばれる成分がたくさん含まれています。

 

生姜の辛みの一つになり症状の緩和にも繋がります。

 

生姜を加熱したり乾燥させることによって“ショウガオール”や“ジンゲロン”などの名前に変わります。

 

それぞれ似ているものではありますが、身体への改善効果には違いがあります。

 

喉の痛みやイガイガを感じるときは、擦り下ろした生姜にはちみつがおすすめです。

 

2. 味噌

日本人に馴染みの深い味噌は、発酵食品として乳酸菌を豊富に配合しています。

 

腸内環境を弱酸性に保つだけでなく、悪玉菌を減少させ善玉菌を増加させます。

 

味噌のなかにはオリゴ糖も含まれており、善玉菌の活動をサポートします。

 

喉の痛みもあるときは味噌汁を作って飲むと身体の芯から温まるのを実感できます。

 

食欲が出ないときでも味噌汁のなかに緑黄色野菜などを入れて飲むと栄養バランスも整えてくれます。

 

ちなみに食事以外でも身体を温めることができます。

昔から、「首」がついているところを温めるといいと聞いたことはありませんか?

 

例えば首や足首・手首などは、太い動脈が流れている場所です。

 

そのため温めると身体の芯から冷えを解消することができます。

 

風邪のひきはじめの栄養ドリンクもおすすめ

 

風邪のひきはじめに栄養ドリンクを飲むのもおすすめです。

 

例えば疲れて身体が弱っているときに体力の回復を効率よく行う方法でもあります。

 

仕事が忙しくゆっくりと休息を取っている時間がなかなか取れないときにも栄養ドリンクはおすすめです。

 

ただしカフェインが入っているものを選んでしまうと眠りが浅くなってしまうので、栄養ドリンクの種類の選び方にも注意してくださいね。

 

普段栄養ドリンクを飲む機会が少ない人ほど、その効果を実感しやすくなるはずです。

 

スポンサーリンク

 

睡眠等の十分な休息を取る

 

風邪のウイルスは約200種類あると言われています。

 

特に冬場になると風邪が流行るのは、乾燥と低温を好む傾向にあるためです。

 

活動が活発になると、長時間ウイルスが活動し続ける環境ができてしまいます。

 

疲れが溜まっているときなど、免疫力が低下しているときに体内に侵入し悪さをします。

 

そのため少しでも疲れが溜まっているなと感じたときは、十分な睡眠や軽い運動を取り入れるのをおすすめします。

 

どうしても秋冬など気温が下がると風邪のウイルスをもらいやすくなってしまいますので、ゆっくりお風呂に入って身体の芯から温めるのはもちろん、良質な睡眠を取ることも大切です

 

身体の免疫力が低下していなければ、風邪の菌が体内に入ってしまっても悪化させたり長引かずにすみます。

 

風邪を引きにくい身体にしてあげてくださいね。

 

スポンサーリンク

風邪予防のために習慣化させてほしい事

 

風邪をひかないようにできるだけ予防することが大切です。

 

例えば毎日のうがいは口腔内の細菌を減らして喉や鼻の粘膜を潤す役割があります。

 

喉の乾燥は風邪を悪化させることにも繋がりますので注意してくださいね。

 

特に外から帰ってきたときや空気の乾燥が気になるときは、うがいはとても効果的です。

 

またうがい薬を使うべきなのか悩む人もいると思いますが、のどの痛みがあったり身体が弱っている時に使うのをおすすめします。

 

また、寝ているときに喉が乾燥しやすくなりますので風邪予防を考えるのであれば、マスクをして寝てもいいと思います。

 

また、風邪を予防することを考えるのであれば、口腔内の雑菌を除去してあげることも必要です。

 

朝起きてすぐに歯磨きをすると、風邪をひきにくくなると言われています。

 

就寝中に風邪菌が増えてしまったのを朝一の歯磨きで流すような効果が期待できます。

 

また、水分は20~30分に1回は飲むようにすると風邪の感染が防げます。

 

一気に飲み干すのではなく、少量を少しずつ飲む程度で問題ありません。

 

日常の中でもこれだけ風邪を予防できる方法がありますので、できる限りで毎日続けて上げることが重要です。

 

スポンサーリンク

 

免疫力は上げられる!

 

今、世間で大注目されているのが主婦の友社から緊急重版された『免疫力は上げられる』 です。

 

食べ物から考え方まで、とてもシンプルな構成になっていて免疫力向上も、簡単に実行できるようです。

 

書籍や電子書籍もありますので是非読んでみるのはいかがでしょうか。

 

書籍版『免疫力は上げられる』

 

電子書籍版『免疫力は上げられる』

まとめ

 

さてさてここまでご覧いただきありがとうございます。

 

寒くなると一気に風邪も流行ります。

 

人混みを避けるほうがいいとはいいますが、仕事などどうしようもないときもありますよね。

風邪のウイルスに負けない強い力を作るようにしてくださいね。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございます。

スポンサーリンク