江戸前寿司と関西寿司の違いは何?おすすめの食べ方をご紹介!

スポンサーリンク

 

こんにちは!みわです。

 

日本人で握り寿司が嫌いっていう人はあまり

聞かないですよね!

最近では和食ブームで特に寿司は外国人の方にも

大人気になっています。

 

そんな握りずしの原点と言われているのが

江戸(東京)で生まれた江戸前寿司!

 

寿司は江戸前とかよく聞きますが

関西寿司の押し寿司も有名ですよね。

 

そこで、江戸前寿司と関西寿司の違いは

何なのかそれぞれのお寿司の食べ方

などもご紹介していきたいと思います。

 

それでは最後までごゆっくりとご覧ください。

 

スポンサーリンク

江戸前寿司とは?

 

江戸前寿司は江戸湾(東京湾)でとれた

魚で握った寿司のことです。

 

昔は冷蔵庫がないので魚を酢や塩で

締めたり、煮たりと言った方法で

日持ちさせる工夫をしていたんですよ。

 

江戸っ子はせっかちなので

シャリとネタを一緒に握って

屋台で提供していたのが江戸前寿司

の始まりとされています。

 

江戸前寿司といえば小肌とアナゴ

おいしいですよね!

 

関西寿司とは?

 

関西の寿司の歴史は江戸よりも古く

平安時代にさかのぼり、作られていた寿司は

発酵したものだったそうです。

 

ネタはサバやアジなどの大衆魚とされていたもので

木型で成形し時間をかけて作られていました。

 

その後、木枠にアナゴやエビと玉子を飯と交互に

敷き詰めていく箱寿司が生まれます。

 

これが関西寿司の始まりで関西寿司は

大阪寿司とも言われています。

 

このあとバッテラや巻きずしなどが作られ

関西寿司は基本的にお芝居や行楽に

持っていくお弁当として作られていて

店内で食べるものではなかったそうです。

 

江戸前寿司と関西寿司の違いは何?

 

 

江戸前寿司と関西寿司の違いは何なのか

調べてみたらいろいろとありましたので

ご紹介しますね。

シャリの違い

江戸前寿司は漬けマグロや小肌のように

ネタに味を加えるのでシャリはあっさりた

味付けになっています。

 

一方、関西寿司は江戸前寿司より砂糖の

配分が多いそうです。

 

関西寿司はお弁当で持って帰ることが

多いのですぐには食べません。

 

干からびるのをふせぐために砂糖を

多く入れていたみたいですね。

今でもシャリは甘めだそうですよ。

 

スポンサーリンク

江戸前寿司にマグロはかかせない!関西寿司では?

 

江戸前寿司ではアナゴや小肌に加え漬けマグロが

も人気のねたでした。

現在もマグロは江戸前寿司にとっては

かかせない魚でマグロに対しては

かなりのこだわりを持っています。

 

一方、関西寿司では白身魚にこだわっている

店が多いそうです。

瀬戸内の海から新鮮な魚が入ってくるので

鯛は関西寿司の方が美味しいと言われています。

江戸前寿司ではあえて鯛を置いていない店もあるとか。

 

握りずしのおすすめの食べ方は?

 

握りずしのおすすめの食べ方は

自由に食べればいいと私は思いますよ。

 

でも中には食べる順番にこだわる方も

いらっしゃいますね。

 

まず、1番目は白身魚。

白身魚は鯛かひらめですね。

2番目は赤身、やっぱりマグロです。

3番目は酢で絞めてある魚、こはだですね。

そしてイカやタコやアナゴなどを

食べたあとは最後はかっぱ巻きなどで

しめるそうです。

 

最初から脂っこい魚を食べると

おなかいっぱいになりそうなので

白身魚が1番目で正解なのかも・・・

 

私が個人的にぜったい食べたいのは玉子!

玉子はその店の味だからお寿司屋さんに

行ったらぜひ召し上がってくださいね。

 

まとめ

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

江戸前寿司と関西寿司のちがいについてご紹介

してきましたがいかかでしたか?

 

それぞれの歴史やこだわりについて

知っていただけたらと思い書いてみました。

 

関東では締めた魚を少し寝かせておく

そうですが、関西では新鮮なうちに

だすことにこだわっているそうです。

鯛のこぶ締めなどは関東では人気ですが

関西ではあまり好まれないそうです。

 

こういったように土地によって好みも食べ方も

違いがありますので、地方に訪れた際は

その土地のお寿司屋さんに入ってみて

こだわりを知るのもいいかもしれませんね。

 

それでは最後までごらんいただきありがとうございます。

スポンサーリンク