お魚商品券はいつ配布されるの?対象者は子供がいる家庭だけ?

スポンサーリンク

 

こんにちは!みわです♪

 

みなさん政府が景気低迷を打破するためにお魚商品券を配布する計画を立てていることご存知ですか?

 

私知らなかったのですが産経ニュースを見て初めて知ったのですが驚いています。

 

ネット上ではすでにすごく話題になっているので気になりお魚商品券のこといろいろと調べてみました。

 

この記事ではお魚商品券はいつ配布されるの?対象者や受け取り方法が気になる!と題しましてお魚商品券についてご紹介したいと思います

 

どうぞ最後までゆっくりとご覧になってください。

スポンサーリンク

 

お魚商品券を政府が検討

産経ニュースの報道によると3月26日に自民党水産部会の会合で現在水産分野の経済的ダメージを懸念し対策として国民にお魚商品券を配布する案が出ていると報じています。

 

これは政府からの外出やイベント、スポーツ観戦などの自粛から外食産業の落ち込みで国産魚介類などまったく売れない為の策のようです。

 

正直なんで商品券か理解に苦しみますよね。

 

商品券を作る手間や金額を考えたら現金や減税の方は国民は絶対によろこぶと思うにですが・・・

 

お魚商品券はいつ配布されるの?

 

もし仮にこの世策が実行されるとしてお魚商品券はいつから配布されるか気になりますよね。

 

お魚商品券の配布ですが今のところ案が出ただけで正式決定ではないようです。

 

仮に決定したとしても外出の自粛などがある以上お魚商品券を使う機会がないと思うのは私だけでしょうか。

 

でも決定となると早くても5月後半ぐらいの配布になると思いますよ。

 

なぜなら現金での給付も西村康稔経済再生担当相が3月23日のテレビ東京の番組で『早くて5月末になる』と番組内で述べていたからです。

 

スポンサーリンク

 

お魚商品券の配布される対象者は子供がいる家庭だけ?

 

お魚商品券が配布される対象がすごく気になりグーグル検索やツイッターなどあらゆる手段を駆使し調べてみましたらこんなうわさが流れているようです。

 

先に自民党農林部会もが国産牛肉を対象とした「お肉券」については子供がいる家庭との話のようでお魚商品券も同様に子供がいる家庭だけになるのではないでしょうか?

 

となると家庭に子供がいない人にすると納得がいかない話ではないでしょうか?

 

それに今の子供たちは魚離れしているとも言われていますよね。

 

お魚商品券を配布したところで喜ぶ人はそんなにいないのではないでしょうか?

 

お魚商品券の受け取り方は?

 

現在のところ正式にお魚商品券配布がが決定していないのでなんとも言えないところですが多分リーマンショックで支給された給付金と同じ方法を採用するのではないのでしょうか。

 

参考までに給付金の受け取りまでの工程です。

1、返送→振込…送り先が当該市区町村であることを確認し、本人確認書類を同封して、市区町村に送る(参照:#詐欺・詐取の警戒)。申請書に記した銀行口座への現金振込により、受給する。

2、窓口提出→振込…申請書を当該市区町村の窓口に直接提出し、申請書に記した銀行口座への現金振込により、受給する。

3、窓口提出→手渡し…申請書を当該市区町村の窓口に直接提出し、現金を手渡されて受給する。振込先銀行口座を持たない者は、この方式となる。

引用:Wikipedia 定額給付金

 

ちょっと面倒な部分が多いですね。

 

ちなみにリーマンショックの時のスケジュールが

 

2008年10月30日:定額給付金を発表

2008年12月20日:国から自治体へ定額給付金について通知

2009年3月4日:定額給付金が施行

2009年3月5日:定額給付金の給付が開始

2009年11月20日:全自治体で定額給付金の申請期限が終了

 

スポンサーリンク

 

世間の反応は

 

国産魚介類の商品券の検討について世間でもかなり炎上していますね。

 

いや~こうやって言う人の気持ちわかりますよね。

 

私も正直『えっ!』て驚いてしましましたから。

 

スポンサーリンク