グンゼマスク売り切れで再販はいつ?評判や口コミや買える場所を紹介!

スポンサーリンク

 

こんにちは、みわです♪

 

みなさん肌着メーカーのグンゼがマスクの販売を始めたことご存知ですか?

私昨日まで知らなかったのですが日本経済新聞を見て初めて知りました。

グンゼと言えば肌着でお世話になっている人も多いしその技術をマスクに使うとなると注目ですよね!

 

この記事ではグンゼマスクの買える場所やネット通販は?口コミや評判を紹介!と題しましてグンゼから発売されるマスクについてご紹介したいと思います。

どうぞ最後までゆっくりとご覧になってください。

 

スポンサーリンク

グンゼマスクの発売が決定!

肌着メーカのグンゼですが布製のマスクを販売することになりました。

もちろん生地は肌着に使う素材を使用し、耳にかかる部分とマスクが一体となっていて、マスク特有の耳が痛くなるという症状を和らげています。

またガーゼや市販のマスク用フィルターも挟める二重構造になっていて洗って何度でも繰り返し使える布製のマスクです。

今後グンゼのマスクですが日本国内の生産で月に50万枚の生産を目標としてお客様にマスクの供給をしていくとのことです。

グンゼマスクの特徴は肌着を作る際の技術をフルに生かし顔にピッタリとフィットする形となっています。

いや~肌着と言えばやはりグンゼなだけにマスクの直用感もかなりやさしいのではないでしょうか。

グンゼマスクの概要

グンゼマスクの詳しい商品の概要ですが調べてみましたのでご紹介しますね。

商品概要

商品名:グンゼマスク

価格: 2枚入りで\980(税別)
※マスクのみ購入の場合は送料無料

サイズ:フリーサイズ(男女兼用)

カラー:ライトグレー

素材:綿65%、ポリウレタン35%

原産国:日本

発売日:5月13日(水)

 

グンゼマスクの再販はいつ?

グンゼマスの販売ですが発売日当日からすぐに売り切れてしましましたね。

さすが日本が誇るインナーメーカのマスクで前評判も凄くよかったですからね。

グンゼマスクは一度に50万個を販売したわけではないのですぐに再販が決定しています。

再販の日程ですがオンラインショップに記載されています。

今のところの販売日ですが

グンゼマスク発売日

・5月14日(木)
・5月15日(金)
・5月18日(月)

となっており土日以外は販売されているいたいです。

比較的他のマスクと違い頻繁に販売されるので手に入れやすいかもしれないですよね。

グンゼマスクの買える場所は?

グンゼマスクの購入ですが今のところ店舗などでの販売はなくグンゼ公式オンラインストア「GUNZE STORE(グンゼストア)」からの購入となります。

ただし1回の注文で2セット(4枚)までの購入制限がありますので注意してくださいね!

・発売日はアクセスがたくさんあり繋がりにくいかもしれませんが複数の端末などで試してみてください。

・発売時間等も公表されていないようなので細目に公式サイトをチェックしてみてください

GUNZE STORE(グンゼストア)はこちらから

 

スポンサーリンク

 

グンゼマスクの口コミや評判は

グンゼマスクですがまだ発売されてばかりで手元に届いていないみたいなので口コミや評判などは少ないようです。

そんな中みなさんやはり気にしているのが熱さに大丈夫なのかを心配している人が多いですね。

確かにマスクは夏にするには違和感ありますからね。

夏用のマスクもおススメ

これからの時期マスクをしていると息苦しいし熱いと思っている方も多いのではないでしょうか。

そんな人の為に最近では各メーカーではナツノマスクという夏用のマスクを販売しているところも出てきました。

ネット通販でもおしゃれな夏用マスクが販売されていますし価格的にも使い捨てマスクより経済的だし今後マスク無しの生活はできないかもしれないのでこの際洗えるマスクの購入を考えてみたらいかかでしょうか。

 

これからの季節にピッタリの接触冷感マスクです。

 

ひんやりとしたアイスコットン素材を使用した洗えるマスクです。

 

今話題の丸井織物さんのひんやり夏用マスクです。

 

 

みわ
いろんな夏用マスクがあるんだね
よっくん
マスクはまだまだ必要となりそうだからね

 

スポンサーリンク

まとめ

さてここまでご覧いただきありがとうございます。

 

私なりにグンゼマスクの再販がいつなのかまとめさせて頂きました。

グンゼマスクの販売方法を見てみると1日の販売個数は限られている感じがしますよね。

その代わり土日以外は毎日販売されるのではないでしょうか。

この記事を読んだみなさんでグンゼマスクが気になる方はぜひ購入を考えてみてはいかがでしょうか。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございます。

スポンサーリンク