中日対ヤクルト(6/21)捕手インコースに構えたの動画や音声は?アナウンサーは誰?

スポンサーリンク

 

こんにちは、みわです♬

 

みなさんいよいよ日本でも6月19日よりプロ野球が開幕しましたね。

3か月遅れとなりましたが無観客での試合ですが楽しみにしている人が多いのではないでしょうか。

そんな中、6月21日の中日対ヤクルトの試合でキャッチャーのサインが筒抜けという珍事が起きています。

 

この記事では6月21日の中日対ヤクルトの試合で捕手のサインが筒抜けについてご紹介させていただきます。

どうぞ最後までゆっくりとご覧になってください。

スポンサーリンク

中日対ヤクルトで捕手のサインが筒抜け

ヤフーニュースの報道によると無観客で開幕したプロ野球ですが6月21日の中日対ヤクルトの神宮球場の試合でキャッチャーのサインが試合中継のアナウンサーの声で筒抜けになるというハプニングが起きたと報じています。

ハプニングが判明したのは試合も終盤の9回表の前に中日ドラゴンズの与田監督が嶋田球審に「実況ブースから『捕手がインコースに構えた』などの声が聞こえる」と指摘したことです。

確かにネット裏にある放送ブースでは前面に窓がなく試合中継を実施していますし、無観客試合でスタンドも静かなだけに解説者の熱のこもった配球の読みやキャッチャーの位置などの声はグランドに聞こえたのかもしれませんね。

今回のことで当面は無観客試合ですので他の球場でも細心の注意が敷かれるのではないでしょうか。

ちなみにですが甲子園の放送席はバックネット裏スタンド席に机置いただけの仮設だから無観客試合だと丸聞こえになるみたいです(笑)

 

中日対ヤクルト(6/21)捕手インコースに構えたの動画や音声は?

サインが筒抜けのハプニングがどうしても動画や音声が残っていないかグーグルやツイッターなどあらゆる手段を駆使し探してみたのですが残念ながらどこにも見つかりませんでした。

これだけのニュースになるぐらいだから動画や音声の一つぐらい残っていてもいいのですがやっぱりなかったです。

実況の声が筒抜けは実は今回無観客試合の前からも言われていたたようです。

ただ大リーグなどでもサインの盗みはかなり問題となっています。

やはりプロですので投げてくる球の位置などがわかると簡単に打ち返せるらしいですよ~

ちなみに亡くなった名将野村克也氏は、「ギリギリまで構えるな」と選手に教えていたようです。

追記:試合の実況はラジオで行っていたようです。

気になる実況はこちらから聞こえますよ~

ラジコはこちらから

 

スポンサーリンク

 

中日対ヤクルト(6/21)捕手インコースに構えたのアナウンサーは誰?

6月21日は無観客の為、東海地方では13時から16時まで地上波でテレビ中継が行われていました。

テレビ愛知10チャンベースボール「ヤクルト×中日」

【解説】田尾安志 立浪和義 【実況】石原敬士

ということはこの問題の“捕手がインコースに構えた、アウトコースに構えた“という声の主は田尾安志さん、立浪和義さん、石原敬士アナウンサーになるということでしょうか~

ただ声の大きさだとしたら石原敬士アナウンサーがドラゴンズが勝っていたので熱くなっていたのかもしれませんよね~

ちなみですが3月1日の無観客での練習試合でもナゴヤドームでCBC(TBS系列)テレビの江田亮アナウンサーの「キャッチャーが内角に寄ったぁ!」て実況が球場に鳴り響いていたようです。

 

実況ブースから『捕手がインコースに構えた』などの声が聞こえるに対し世間の反応は

この珍事に対して世間でも様々な意見が飛び交っています。

みわ
こんなことあるんだね

よっくん
無観客での試合だからこその珍事だね

スポンサーリンク

 

まとめ

さてここまでご覧いただきありがとうございます。

私なりに6月21日の中日対ヤクルトでの捕手のサイン筒抜けの珍事についてご紹介させていただきました。

確かに無観客のため打球音やキャッチャーミットに収まる球の音などかなり透き通ってますからね~

こちらは普通にテレビやラジオを聴いてるだけだからまさかこんなことになっているなんて想像つかないですよね。

今後は試合後に審判団がセ・リーグに報告しているので特にトラブルは起きないと思いますよ~

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございます。

 

スポンサーリンク