インフルエンザを予防するにはどうしたらいい?うがいは効果があるの?

スポンサーリンク

 

こんにちは!

みわです。

 

これからの時期インフルエンザの流行が

心配ですね。

 

インフルエンザの予防接種にいかないとと

思っている方もいると思います。

 

でも予防接種をしたからといって

絶対にかからないという保証はないんですが・・・

ただ、発症する可能性は減りますし

発症しても重症化しないのでやっぱり

予防接種はした方がいいですね。

 

この記事ではインフルエンザを予防するには

どうしたらいいのか、うがいは効果があるなかなどを

調べてみましたのでご紹介します!

 

スポンサーリンク

インフルエンザとは?

 

インフルエンザはインフルエンザウイルスという

感染症で毎年流行を繰り返します。

インフルエンザにはA型、B型が感染力が強く

大流行してしまうんです。

 

インフルエンザの初期症状は風邪と似ていますが

高熱がでて急激に体調が悪くなるので

すぐに病院へ行くようにしてください。

 

インフルエンザウイルスに感染してから

1~3日間の潜伏期間の後、38度以上の高熱や

関節痛、倦怠感などの症状が続き

約1週間で回復に向かいます。

 

インフルエンザの今年の傾向が気になりますね。

今年は例年よりも早めから流行するかも

しれないそうなんですよ。

 

みなさん、早めに予防接種してくださいね。

 

 

インフルエンザはうがいをすると予防の効果があるの?

 

 

インフルエンザはうがいをすると予防できるの?

うがいについてはインフルエンザを予防できるという

科学的証明はされていないそうです。

 

でも、うがいは一般的は風邪予防には効果はあるそうです。

ですのでうがいは常に心掛けるのは大事ですよ。

 

インフルエンザはうがいをしても効果は薄いかも

しれないですがのどの湿度を保つことは予防になります。

カテキンの成分でうがいをするとインフルエンザにも

効果があるかもしれないというお医者さんもいるようです。

 

スポンサーリンク

インフルエンザを予防するにはどうしたらいいの?

 

インフルエンザはどうしたら予防できるのでしょうか。

気を付けていたつもりでもかかってしまいますよね。

毎日の生活の中で取り入れることができる

おすすめの方法についてご紹介します。

 

①手洗い

 

外出時はいろいろなものに触れていますので

手にウイルスが付着しているかもしれません。

外出先から帰宅したらすぐにせっけんで手を

洗いましょう。

ウイルスはせっけんに弱いそうですよ。

 

手を洗うときは爪の間や指の間

手の甲や手首も洗うようにしてください。

 

ウイルスに感染しないためには手洗いは

絶対に忘れないでくださいね。

 

②健康管理

 

どんな病気での免疫力が弱っていたら

感染しやすくなりますよね。

 

インフルエンザも同じでインフルエンザウイルス

にかかりやすくなったり、症状が重くなったり

しますので日頃の健康管理は大事ですよ。

 

睡眠不足にならないように心掛け

バランスのとれた食事をとり免疫力をアップ

させるようにしてくだいね。

 

③喉を乾燥から守る

 

部屋の中が乾燥しているとのどの粘膜の

防御力が低くなります。

乾燥している室内では加湿器などを

使用することをおすすめします。

 

同時にマスクの着用もおすすめです。

マスクをすることで喉の乾燥も防げます。

就寝時もマスクをつけて寝ると

風邪の予防にも効果的です。

 

④お茶を飲む

 

インフルエンザの予防には緑茶いいそうなんですよ!

 

2018年に伊藤園と静岡県立大学薬学部の

共同研究で緑茶に含まれるカテキンには

抗ウイルス作用があり、インフルエンザの

予防が期待できると発表したそうです。

 

カテキンに含まれるエピガロカテキンガレート

という成分がインフルエンザウイルスの表面

にあるスパイクに取り付きウイルスが細胞に

吸いつくことを防ぎ細胞内で新しくできた

ウイルスの広がることも抑えます。

緑茶を飲むことで緑茶の持つ有効な成分が

体内に直接吸収されるので抵抗力を高めることが

できるそうですよ。

 

ちょっと難しくなってしまいましたが

簡単に言えば緑茶はカテキン効果で

インフルエンザが予防できるということですね。

 

緑茶以外のお茶にも予防効果があるか気になりますね。

実は紅茶もインフルエンザを予防する効果があるそうなんですよ。

 

紅茶と緑茶は同じ茶葉で作られていますが

製法違うんです。

紅茶の茶葉を発酵しカテキン同士が結合すると

テアフラビンという新たなポリフェノール成分が誕生し

ウイルスのスパイクをとらえる力が強くなるそうです。

 

緑茶や紅茶以外のお茶の効果は?

 

お茶が全てインフルエンザに効くということではありません。

原材料や製法もちがうので判断することはできませんが

ポリフェノールを多く含むものなら効果はあるかもしれまん。

 

おすすめのの見方やどれくらい飲めばいいの?

 

緑茶や紅茶は温めて飲んでください。

温かい方が感染を予防する効果が高いので

アイスよりもホットがおすすめです。

 

1日に飲む量は500mlぐらいがベスト!

マイボトルに入れて2~3回にわけて飲むといいですよ。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

インフルエンザを予防する方法についてご紹介しましたが

参考になったでしょうか?

 

インフルエンザにかかってしまうと高熱や関節痛など

とてもつらいですね!

自分だけでなく家族も感染してしまうかもしれないし

職場も長期で休まなくてはいけなくなるし

絶対にインフルエンザになることは阻止しないと!

今日、ご紹介したことに気を付けているだけでも

インフルエンザにかからないようにすることが

できるかもしれませんのでぜひ、実践してくださいね。

 

しっかりと予防して冬を乗り切りましょうね。

 

それでは最後までごらんいただきありがとうございます。

 

スポンサーリンク