いのちの輝きくんの海外の反応は?大阪万博のロゴが不気味と話題に!

スポンサーリンク

 

こんにちは、みわです♪

 

みなさん、2025年に開催を予定する大阪万博のロゴマークが2020年8月25日に決定しましたね。

大阪万博は1970年に開催された以来なので実に半世紀ぶりの開催です。

1970年の大阪万博の公式ロゴは「桜」をモチーフにしていましたが、今回のデザインは「いのちの輝き」を表現したものになっています。

ネット上でもすでに話題になっているので気になっていろいろと調べてみました。

この記事では大阪万博の公式ロゴ『いのちの輝きくん』の海外からの反応を紹介したいと思います。

どうぞ最後までゆっくりとご覧になってください。

スポンサーリンク

大阪万博のロゴいのちの輝きくんが公開

2025年に開催予定の大阪万博の公式ロゴが8月25日に公開されました。

ロゴはアートディレクターのシマダタモツさんが中心となった「TEAM INARI(チームイナリ)」が制作しています。

1970年に開催された大阪万博の公式ロゴの桜をベースに『赤い細胞』を円状にした独自のデザインとなっています。

ちなみにですが公式ロゴは名前がついていないのですがネットでもすごく話題になっているようです「いのちの輝きくん』となっているようです。

シマダタモツさん小さいころみた岡本太郎氏の『太陽の塔』に衝撃を受けていたようです自分もパンチを効かせたデザインにしたいという思いだったようです。

確かにインパクトありますよね、

よく見るとミスタードーナツのポンデリングにも見えますし(笑)

 

いのちの輝きくん(大阪万博)ロゴの海外の反応は?

では、実際海外からの反応はどうなのでしょうか?

わかりました、誰かが私がなぜこれを日本のツイッターで見ているのか説明してください?

Expo 2025のロゴがあります。

島田保のEが勝つとは思っていませんでした。

須藤文孝のcが勝つことを期待していましたが、それは間違いでした。

このデザインは、同じく大阪で開催された1970年の博覧会から使用された、ぎくしゃくした目でバウンドするDNA細胞を特徴としています。

Osaka Expo 2025のロゴは複数の目を持つウイルスのように見え、非常に適切です。

ねえ、これは日本の職人のすごさです。

日本の政府が大阪万博のロゴマークを発表したとき、日本はまるで生き物のようでした、そして、誰もがすぐに夢中になりました。

いのちの輝きですが、私も大好きです♡

 

と、まずまずの反応ではないでしょうか。

あと5年先ですが楽しみな大阪万博ですよね。

スポンサーリンク

いのちの輝きくん(大阪万博)のロゴが不気味と話題に!

日本では不気味なんて声も上がっているようですよ。

他には「気持ち悪さを感じる」「かわいい」「欲しい」などあるようです。

日本人の反応をみると

 

 

 

意外にも盛り上がっていますよね。

 

みわ
私も関西人だから見に行きたいな
よっくん
2025年が楽しみだね

 

スポンサーリンク

まとめ

さてここまでご覧いただきありがとうございます。

私なりに大阪万博の公式ロゴ『いのちの輝きくん』の海外の反応についてご紹介させていただきました。

正直私はかなりインパクトあると感じました。

しかし世界挙げてのイベントなのでこれぐらいでいいのではないでしょうか~

きっとグッズも出そうなので楽しみですよね~

早速5年後ですが宿を予約しようと思います~

 

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございます。

スポンサーリンク