シーブリーズCM2020歌ってる歌手は誰?井上苑子の作品やライブ活動を調査!

スポンサーリンク

 

こんにちは!みわです♬

 

みなさん、資生堂のシーブリーズ2020のCMが3月20日にオンエアされますよ。

 

シーブリーズのCMでは甘酸っぱい恋の行方が描かれるということで、それにぴったりの恋の歌がBGMで流れています。

 

この記事では歌っている歌手が誰なのか気になったので調べてきましたのでご紹介しますね。

 

それでは最後までゆっくりとご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

シーブリーズCM2020が公開

 

資生堂シーブリーズCM、デオ&ウォーター「写真のキョリ」篇が3月20日よりテレビで公開されます。ーズCMのキャッチコピーは「キミに近づく清潔感」!

 

CMに出演しているのは学生服姿の田鍋梨々花さんと宮世琉弥さん、学校の屋上で写真をとるけどなかなか近づけない。

 

近づきたいけど近づけない甘酸っぱい恋の行方が描かれています。

 

シーブリーズCM2020で歌っている歌手は誰?

 

シーブリーズCM2020で歌っている歌手は誰なのか調べてみたところ、井上苑子さんというシンガーソングライターの方でした。

 

井上苑子さんが今回のCMソングで歌っているのは「近づく恋」という曲なんですよ。

 

恋の始まる瞬間や好きな人に近づくイメージで書いたそうですが、CMを見てみると出演している田鍋梨々花さんと宮世琉弥さんにピッタリの曲になっていました。

 

井上苑子さんはこれまでたくさんの恋の歌を書いてきていますが、今回CM曲を担当できたことがすごく嬉しいそうです。

 

学生生活を送る方に共感してもらえらばと語っていましたよ。

 

井上苑子さんが歌うシーブリーズCM曲「近づく恋」は4月22日(水)にリリースされるミニアルバム「ハレゾラ」に収録されています。

 

ミニアルバムの収録曲は「近づく恋」を始め、「ぜんぶ。」「ラブリー」「リボン」「My Way」「僕らの輝かしい未来」の6曲を収録されていて、主要配信サイトでは「近づく恋」の配信が3月20日よりスタートするそうですのでぜひ確認してみてください。

 

2020年3月20日(金)0:00 配信開始

https://lnk.to/SiChikaduku

 

スポンサーリンク

 

井上苑子のプロフィール

 

井上苑子さんは小学校の時からギターと作詞作曲を始め、2009年8月には大阪心斎橋のアメ村で路上ライブ活動を開始しました。

 

2010年に小学校の卒業式に日に心斎橋のライブハウスで卒様式ワンマンライブを開き100人以上のお客さんを集め関西メディアにも取り上げられたようです。

 

井上苑子さんは阪神淡路大震災を経験していないですが神戸出身ということもあり、震災を題材にした曲も手掛けているそうです。

 

路上ライブの時には募金箱を用意し2011年3月の東日本大震災のチャリティー活動も行っています。

 

みわ
小学校の時から路上ライブってすごいよね!

 

よっくん
めちゃくちゃ才能にあふれてる人なんだね~。

 

みわ
チャリティー活動もされていて、歌の力で被災者たちを応援するって素敵なことですね。

 

プロフィール情報

名前:井上苑子(いのうえそのこ)

生年月日:1997年12月11日

出身地:兵庫県神戸市

職業:シンガーソングライター

活動:2009年~

 

井上苑子の作品やライブ活動を調査

 

井上苑子さんは映画やテレビアニメなどの主題歌もたくさん歌ってるみたいですよ。

 

それでは井上苑子さんの作品やライブ活動についてご紹介していきますね。

 

主な作品

 

●映画「ReLIFE リライフ」の主題歌

さくら(ケツメイシのカバー曲)

●テレビアニメ「川柳少女」オープニングテーマ

コトノハノオモイ

ライブ活動

 

井上苑子さんのライブの予定は今のところないようですが2015年には大阪・心斎橋BIGSTEPで路上ライブを行っています。

 

小学校のころから歌っていた場所での凱旋ライブだったそうですよ。

 

みわ
大阪の心斎橋で路上ライブやったんだ~!知らなかったな~
よっくん
大阪では有名だったみたいだね。大阪のメディアでは取り上げられてたみたいだから!

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

ここまで記事を読んでいただきありがとうございます。

 

この記事ではシーブリーズCM曲を歌う歌手は誰なのか気になって、井上苑子さんのことをご紹介してきましたがいかがでしたか。

 

小学生で路上ライブをやってなんてすごいですよね~。

 

今後も井上苑子さんの活躍が楽しみですが、これからも素敵な恋の曲をいっぱい聞かせてほしいですね。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク