緊急事態宣言解除後の旅行での対策は?自粛はいつまで続くの?

スポンサーリンク

 

こんにちは!みわです♬

 

みなさん、やっと緊急事態宣言が解除されることになりましたね。

13の特定警戒都道府県のうち5県と、それ以外の県の合わせて39県を解除すると安倍総理大臣は5月14日に発表しました。

残るのは東京や神奈川などの関東圏と大阪や京都の関西圏、そして北海道を合わせた8都道府県は引き続き延長とのこと。

8都道府県についても5月21日を目途に可能であれば5月31日を待たずに解除するそうです。

この記事では緊急事態宣言が解除されて、旅行はどうなるのかについてお伝えしていきますので、どうぞ最後までゆっくりとご覧くださいね。

 

スポンサーリンク

 

緊急事態宣言解除と安倍総理が発表で生活はどうなる?

緊急事態宣言解除後はどのような生活を送れば良いのでしょうか。

緊急事態宣言が39県、解除されましたが東京や大阪などを含めた8都道府県での解除は見送りとなってます。

緊急事態宣言が解除されたといっても、都道府県を越えた移動は避けないといけないですよね。

緊急事態宣言解除後も手洗いやアルコール消毒などこれまで通り行い、マスクの着用やソーシャルディスタンスを守って生活していかないと、また第2波がくるかもしれません

解除されてもなるべく人と会うことを減らし、それぞれが油断しないようにしていくことが大事。

この先はこの問題と共存しながら生活をしていくことになると思うので、解消されるまでには長い道のりになることを覚悟しないといけないですね。

 

緊急事態宣言解除で旅行は?ホテルや旅館などはいつまで自粛?

緊急事態宣言の解除で旅行はいつからできて、旅館やホテルなどの自粛はいつまでなのでしょうか。

旅館やホテルなどでは緊急事態宣言が解除されると再開されると思いますが、中には5月31日までは見送るところもあるようです。

旅館やホテルとしても客室に消毒液を置いたりフロントにはフェースシールドを設けたりした対策をとるなどの準備のため、再開は6月になってしまうというところも。

ある旅館では県外からの自粛が解除されるかによって営業再開を見極めるとしていて、東京や大阪などまだ解除になっていないところがいつ解除されるかによって検討しているところもあるそうですね。

宿泊施設も接触を最小限におさえるために、部屋の稼働を半分にしたり、食事は基本的に部屋食、食事処などでは交代で利用してもらうなどの取り組みを実施しながら対応していくそうです。

温泉旅館などでは大浴場でなく家族風呂の利用も促すとのこと、密をさけるためには仕方ないですよね。

 

スポンサーリンク

 

緊急事態宣言解除で旅行での対策は?

緊急事態宣言解除で旅行での対策はどうなっていくのでしょうか。

緊急事態宣言の解除地域の人達に対し、特定警戒都道府県への帰省や旅行は避けるよにと要請していることがわかりました。

東京や大阪への旅行や帰省、反対に東京や大阪など特定警戒都道府県から他県に移動することも絶対に避けなければならないですね。

東京や大阪などの特定警戒都道府県の緊急事態宣言が解除されれば、旅行する人も増えてくると思いますが、旅行の再開は慎重にしないと、また大変なことになるかもしれません。

旅行を計画するなら、なるべく公共交通機関を使わず車で移動した方が良いと思います。

ハイキングやキャンプなどがおススメなのではないでしょうか。

ホテルや旅館などに泊まる場合、食事はビュッフェ形式はさけたいところ。

部屋食ができる旅館を選んで、なるべく人との接触を極力減らすようにすることが大事です。

緊急事態宣言が解除されても当面は県をまたぐ移動は自粛をしてほしいと、それぞれの県は求めているそうですので、もし旅行を計画しているなら、ご自分の住んでいる県内での旅行にとどめる方が良いかもしれませんね。

世間の反応

緊急事態宣言が解除されても、すぐにどこかに旅行しようという人少ないと思いますが、SNSでもいろんな声があがっていますよ。

 

解除されてもなかなかすぐに旅行予約しようとは思わないかも・・・

 

他県や都民からの予約がいっぱい?それはまずいですよね。

北海道は早く終息してほしい!私も旅行計画あるんだよね~。

みわ
6月に北海道の予定があるんだけど大丈夫かな~
よっくん
北海道はまだ解除されないし、第2波がきたから心配だよね!

 

スポンサーリンク

 

まとめ

ここまで記事を読んでいただきありがとうございます。

 

この記事では緊急事態宣言が解除されたら旅行はどうなるのか気になって調べてみました。

解除されてもすぐに旅行するというのは避けた方がいいかもしれませんね。

もし旅行を企画するなら、夏べく近くでキャンプなどの計画を立ててみてはいかがでしょうか。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク