緊急事態宣言解除後の生活での対策は?テレワークはいつまで続く?

スポンサーリンク

 

こんにちは!みわです。

 

いよいよ、特定警戒都道府県の一部とそれ以外の34県のすべてが緊急事態宣言解除となることが決定しそうですね。

政府は5月14日に専門家会議を開き5月末の期限を待たずに解除を検討しているということです。

ただし、緊急事態宣言が解除されても行動が自由になるわけではなく、特定警戒都道府県との県をまたいでの移動は引き続き自粛してもらいたいとのこと。

さらに、手洗いや消毒はもちろん、マスク着用なども継続、接待を伴う飲食業やクラスターが発生したライブハウスなども引き続き自粛要請していくとこのことです。

 

この記事では緊急事態宣言解除後の生活はどうなるのか、テレワークはいつまで続くのかなどを見ていきたいと思いますので、どうぞ最後までごらんください。

 

スポンサーリンク

 

緊急事態宣言解除後の生活は?

緊急事態宣言が解除されたあと、どのように生活していったら良いのでしょうか。

解除後は気が緩んでくると思うので新たな感染を招かないように気を付けないといけないですね。

小中学校などでは5月18日から再開すると発表している県や愛知県では休校期間を1週間短縮して小中学校や県立高校などは再開すると発表していますので、十分な対策をとらないと心配ですが。

解除後もマスクの着用やアルコール消毒、手洗いなどは引き続き行っていくことはもちろん、ソーシャルディスタンスを守り密にならないように生活していくことは今後も継続していかなければならないと思います。

緊急事態宣言が解除されても外出自粛などをやめて元の生活に戻すと、約2週間後には感染者がまた増えてしまう心配があるそうです。

これからもなるべく人と会うことを減らす生活を続け、接触頻度を8割減らす行動が必要になるということですので、まだまだ油断できない生活が継続されるようですね。

この先の生活はこの問題と長く付き合っていかないといけない、少なくとも今年いっぱいは共存していく生活となるのではないでしょうか。

 

緊急事態宣言解除後のテレワークはいつまで続く?

特定警戒都道府県から解除された地域への移動は避けなければなりませんが、反対に解除された地域から特定警戒都道府県に仕事などで通勤する人もいるのでそのあたりはどうのような対応になるのでしょうか。

おそらく通勤に関しては再開するところもあると思いますが、しばらくは時差出勤やテレワークを続けていくところもあると思います。

たとえば、特定警戒都道府県の大阪に通勤している人が3割いるとされている奈良県などは通勤の移動は認めるとしていますが、もしテレワークで仕事が可能であれば継続していくこともあるのではないでしょうか。

ある会社ではもうすでに緊急事態宣言が解除されてもテレワークを継続し、在宅で仕事がしたい人はできる限り在宅、出勤したい人は出勤という形にしていくという投稿もツイッターではありました。

業種によってはテレワークは難しいところもありますが、緊急事態宣言が解除されてもテレワークをうまく活用していかないと、また第2派がおこりかねないと思います。

解除されていきなり出勤になったら、また満員電車やお昼休みの食事など密になってしまうところもたくさんありますよね。

会社によっていろいろ方針は違いますので、あまりかってなことは言えませんが出勤かテレワークを1日おきで交互に行えばいいのかも。

これから暑い夏を迎える中、マスクして通勤するのは熱中症が心配という声もあり、テレワークで仕事の効率が変わらないなら継続してい欲しいという声も多くあがっています。

なので、企業によっては緊急事態宣言解除後も継続していくろと、一日おきに出勤させるところなど対応はそれぞれ企業によって分かれると思いますよ。

 

スポンサーリンク

 

世間の反応

緊急事態宣言解除でテレワークがどうなるのかということに関していろんな意見がネットでもでていましたので、ご紹介しておきますね。

 

第2波がくるのは避けないといけないですよね。

やはり多くの会社がテレワーク解除するのかもしれませんね。

時差出勤は継続しないとヤバイと思います。

週の半分以上はテレワークが継続されるところもあるみたいですね。

みわ
解除でテレワークも継続されるところもたくさんありそうかな?
よっくん
職種によってはできないところもあるから、難しいね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

ここまで記事を読んでいただきありがとうございます。

 

この記事では緊急事態宣言が解除されて、テレワークしている人はどうなるのかについて書いてきました。

緊急事態宣言が解除されてもテレワークを続きて行く会社もありようですね。

今回のことでテレワークでも仕事ができることがわかり、新しいスタイルで働けることに気づかされたと思います。

わざわざ会社に行かなくても仕事ができる環境を作っていくのもありなのかな~

テレワークの方が仕事がはかどるという声もでてるので、今後の働き方を見直す機会なのかもしれませんね。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク