【京都】緊急事態宣言解除はいつ?イオンモールや居酒屋は営業再開するの?

スポンサーリンク

 

こんにちは、みわです♬

 

みなさん4月17日に全国に出された緊急事態宣言ですが一部地域では解除されることになりましたね。

これにより各地域では休業要請が緩和され施設や店舗などが段階的に営業を再開することになります。

気になるのは今回緊急事態宣言が解除されなかった地域がいつ解除されるかではないでしょうか。

 

ということでこの記事では京都の緊急事態宣言解除がいつになるかを紹介したいと思います。

どうぞ最後までゆっくりとご覧になってください。

 

スポンサーリンク

緊急事態宣言が39県で解除

5月14日(木)の夕方に安倍首相は記者会見を行い4月17日から全国で出されていた緊急事態宣言を特別警戒地域を含む39県の解除を発表しています。

これにより現在、緊急事態宣言が出されているのは北海道、埼玉、千葉、東京、神奈川、京都、大阪、兵庫の1都1道2府4県となっています。

安倍首相は会見の際、緊急事態宣言が解除されたからと言っても、基本的に不要不急の外出や県をまたぐことを引き続き極力避けてほしいと協力を求めています。

確かに本来であれば5月31日にまで緊急事態宣言は行われる予定でしたし感染拡大が収まりつつありますが完全に収縮したわけではないですからね。

 

【京都】緊急事態宣言解除はいつ?

5月14日の緊急事態宣言の解除ですが残念ながら京都は入ってなかったですよね。

この背景には隣の大阪がまだまだ感染者の数が減っていないことが背景にあります。

京都自体は感染者の数は減っていますが、ここで緊急事態宣言を解除すると多さからの人の移動が考えられるからです。

それに京都は観光地でもあるので解除されると自粛疲れから一気に観光地などに人が集まってくる可能性があるからではないでしょうか。

ただこのままだと緊急事態宣言の解除はできないので今後大阪などが緊急事態宣言の解除対象となってくるのがカギとなりそうです。

現在大阪でも緊急事態宣言の解除に向けて様々な取り組みを行っています。

このままいけば京都も大阪同様に5月31日には緊急事態宣言の解除が発表されると思います。

まだまだ日にちがありますが、先のことを考えて頑張っていきたいですよね。

 

スポンサーリンク

 

イオンモールや居酒屋は営業再開するの?

京都での緊急事態宣言が解除されなかったことでショッピングセンターや居酒屋などの営業はどうなるのでしょうか?

現在休業要請が出されている為やはりこのまま休業および時間短縮での営業が当面は続くのではないでしょうか。

ただ京都府でも大阪などと同じように感染拡大に対し独自に基準を定めています。

基準をクリアーすることで娯楽施設やショッピングモール、飲食店など感染拡大の対策をしっかりして営業を再開していく可能性が高いと思いますよ。

正直、これ以上の休業は企業や個人事業主には痛手となり死活問題でからね。

1日でも早く営業が再開されるといいのですが・・・

ただし営業が再開されたとしても3密にならないように、そしてマスクの着用は忘れないようにしてくださいね!

 

世間の反応は

世間でも緊急事態宣言が一部解除を受けて様々な意見が飛び交っています。

 

京都は緊急自他宣言が延長されまだまだ仕事などに影響が出そうですね。

 

緊急事態宣言が解除されていないのに営業するのは怖いですよね。

 

緊急事態宣言が解除されていないのに京都では休業要請解除に疑問がある人が多いみたいです。

 

やはりこちらの方も休業要請解除には疑問があるようです。

スポンサーリンク

 

まとめ

さてここまでご覧いただきありがとうございます。

 

私なりに京都における緊急事態宣言解除の時期がいつになるかご紹介させていただきました。

京都では感染者の数も減ってきて今回緊急事態宣言が解除されるのではないかと一部報道されていただけに残念な方も多いのではないでしょうか。

ただ解除されて地域でも愛知のように独自の緊急事態宣言を出しているところもあります。

皆様引き続き気を緩めないようにしてください。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございます。

 

スポンサーリンク