ルフルーヴバレンタイン2021通販や口コミは?限定商品と出店催事場の紹介!

こんにちは!みわです♬

よっくん
ルフルーヴのチョコレートは手作り感があった他にはない良さがあるんだよ!
みわ
オンラインで買えるならかってみたいね!

兵庫県養父市にアトリエを構え、実店舗はなくオンラインショップのみで販売されている、とってもレアな「ルフルーヴ」のチョコレート。

皆さんは召し上がったことはありますか?

こだわりのオーガニック素材を使って作られたチョコレートはどれも優しい味わいがすること、間違いなしです。

とってもレアなルフルーヴのチョコレートはバレンタインのギフトにきっと喜ばれると思います!

今年2021年はどんな限定チョコレートや新作チョコレートが出るのでしょうか?

徹底的にリサーチしてみましたので、最後までゆっくりとご覧ください。

スポンサーリンク

ルフルーヴバレンタイン2021ネット通販は?

今年も催事会場ごとの限定商品が出るルフルーヴ。

催事会場が遠い!という方もご安心を。

ちゃんと皆さんのお手元に届くようにオンラインショップでも取扱いがあります。

各会場の限定商品の通販はこちらからどうぞ

また、通常のオンラインショップはこちらになります

 

ルフルーヴバレンタイン2021の口コミ評判は?

普段はオンラインショップでしか買えない、レアなルフルーヴのチョコレート。

去年のバレンタインで実際に手にされた方の生の声を見てみましょう。

奥さまへのバレンタイン、しかも第二弾なんて優しいご主人ですね。

羨ましい限りです。

そば味のショコラ、なかなか味の想像がつきませんが一体どんな味なんでしょうか?

 

こちらも微笑ましいご夫婦のバレンタインですね。

パッケージもシンプルながらにおしゃれです。

きっと美味しいチョコレートなんでしょうね~。

ルフルーヴには大手のチェーン店にはない温かみがありますよね。

とっても応援したくなる工房のひとつです。

美味しそうなチョコレート、毎年買って応援したいですよね。

 

スポンサーリンク

 

ルフルーヴバレンタイン2021限定商品は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Koudai Uegaki(@lefleuve_)がシェアした投稿

ルフルーヴの限定商品は催事会場に寄って異なります。

東京:プラリネ4

ナッツ大好きのシェフが厳選した材料と使って作られたまさに理想のプラリネ。

だいだい、ココナッツ、ピスタチオ、そばのそれぞれの風味の違いを味わってみてください。

 

大阪:柑橘ガナッシュ

柑橘をこよなく愛するシェフの挑んだ意欲作です!

選び抜かれたレモン、だいだい、ライムの4個入りです。

栽培された農園をイメージしながらお召し上がりください。

 

名古屋:ガナッシュ6

なんとシェフの実家である「ハチだけの仕事」のはちみつのボンボン・オ・ショコラ6種類です。

とっても贅沢な詰め合わせです!

口に入れた瞬間に溶けていくガナッシュの風味の変化をどうぞお楽しみに!

 

それぞれに美味しそうでとっても楽しみですね~。

また今年の新作商品として「アマンドショコラ」が登場します。

ルフルーヴの定番・プラリネセレクションや焼き菓子にも使うビターアーモンドを、ペルー北部のピウラ地方で作られる希少なホワイトカカオでコーティングしたショコラです。甘さは控えめで、甘いものはちょっと苦手という男性へのプレゼントにもぴったりです。

カリッとした食感も楽しく、コーヒーのお供にもおすすめです。

 

ルフルーヴバレンタイン2021出店催事場情報

今年2021年のルフリーヴは東京・大阪・名古屋の催事に出店します!

●東京:新宿・伊勢丹 スイーツコレクション2021

1月20日(水)~2月14日(日)

 

●大阪:阪急百貨店うめだ本店 バレンタインチョコレート博覧会

1月20日(水)~2月14日(日)

 

●名古屋:JRタカシマヤ 2021アムール・デュ・ショコラ

1月15日(金)~2月14日(日)

 

お近くにお住いの方はぜひ直接会場に足を運んでみて、実物をご覧になってくださいね。

残念ながら行けそうにない……という方はオンラインショップをご利用ください。

 

スポンサーリンク

 

フルーブバレンタインチョコレートのまとめ

ここまで記事を読んでいただきありがとうございます。

今日は手作りの温かさ溢れるルフルーヴのバレンタインチョコレートについて、お伝えしました。

いかがでしたでしょうか?

私は何としてもゲットしたくなりました。

催事はまだまだ続くのでお近くの方はぜひ会場に行ってみることをお勧めします。

きっと今まで出会ったことのない、優しいチョコレートたちに出会えると思います。

ここまで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク