丸一太の年齢や名前などWiki風プロフィール!経歴や妻や子供の家族構成は?

スポンサーリンク

 

こんにちは、みわです♪

 

みなさん丸一太さんがいることご存知ですか?

私しなかったのですがTBS日曜劇場『半沢直樹』のパート2に半沢直樹の同窓同期の親友として出演していることで知りました。

ネット上でもすごく話題になっていてるので気になりいろいろと調べてみました。

 

この記事では『半沢直樹』のパート2に出演している丸一太さんについてご紹介したいと思います。

どうぞ最後までゆっくりとご覧になってください。

 

スポンサーリンク

 

丸一太の年齢や名前などWiki風プロフィール!

いや~ TBS日曜劇場『半沢直樹』のパート2に出演するだけあってすごく話題ですよね。

見た感じ穏やかな感じだし性格も優しそうですよね~

今回の出演を機会にもしかすると一気にブレイクする予感がしませんか?

それでは気になる丸一太さんのプロフィールを調べてみましたので私なりにWiki風にご紹介します。

 

プロフィール

名前:丸一太(まる・いった)

生年月日:1975年11月21日

出身地:愛媛県

身長:166cm 

血液型:O型

特技:バレーボール・早口言葉・チューバ

所属:株式会社アンプロモーション

丸一太さんですが2020年6月現在は44歳です

見た目が朗らかだからもう少し若のかなって思いましたが驚きですね~

名前の読み方ですが苗字が『まる』で名前が『いった』さんっていうですね。

珍しい名前で私、失礼ながら『まるいち・ふとし』さんだと思っていました。

 

丸一太さんの経歴

丸一太さんですが役者になるきっかけだったのは大学時代に「ジャンケンで負けたこと」のようです。

法学部の3年生に時に特にやりたいことがなかった丸一太さんですがゼミの卒論の代わりに「模擬裁判」を劇で行うことになったようで役割をジャンケンで決め負けて”演者”の役になったようです。

しかしこの”演者”の役にハマってしまい自分のやりたいことは芝居だということに気づいたようです。

主に舞台を中心として活動をしていまいましたが、親のためにテレビドラマに出演しています。

 

主な出演作品

「下町ロケット」  入間 尚人(ヤマタニ製作所 工場長役)TBS 日曜劇場

「半分、青い。」  第14週 吾妻役 NHK連続ドラマ小説

「ブラックペアン」  篠原 健一役 TBS 日曜劇場

「陸王」 第8話 菅野役  TBS 日曜劇場

「小さな巨人」 石倉慎之助(芝署刑事)役  TBS 日曜劇場

「鬼平犯科帳-THE FINAL」 後編(雲竜剣)

「伝七捕物帳」 第4話 与平役  NHK BS時代劇

「まんまこと ~麻之助裁定長~」 平三役 NHK

「かぶき者 慶次」 NHK BS

「だから荒野」 三石刑事役 NHK BS

「流星ワゴン」 坂元医師役 TBS日曜劇場

「全力離婚相談」 塙 浩一役 NHK

「軍師官兵衛」  細川忠興役 NHK大河ドラマ

「ルーズヴェルト・ゲーム」 青島製作所チームドクター 三雲役 TBS日曜劇場

 

などTBS日曜劇場ではかなりおなじみの顔ですよね。

今回、半沢直樹の同僚ですからテレビに映る回数もかなり多いのではないでしょうか。

きっと田舎に住むお母さんにも自慢させて上げれるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

丸一太さんの妻や子供の家族構成は?

丸一太さんの妻や子供の家族構成についてすごく気になってグーグル検索やツイッターなどあらゆる手段を駆使し探してみたもののどこにも家族の情報はありませんでした。

年齢的には結婚して子供がいてもおかしくはないのですが噂すらなかったです。

もしかすると丸一太さんは役者一筋で生きてきたため結婚などの選択肢は取らなかったのかもしれませんよね。

もしかすると今回遅咲きの役者としてモテモテとなりすぐに結婚なんてこともあるかもしれませんよね~

丸一太さんの家族や素敵なな情報があれば後述していきたいと思います。

 

世間から見た丸一太さんは?

丸一太さんですが世間でもなかなかの反応のようですよ~

 

みわ
確かに口そんな感じでしたね(笑)

慌ててる様子がよかったという人もいるようです。

よっくん
お~先輩の出演を喜ぶ声も・・・


スポンサーリンク

 

まとめ

さてここまでご覧いただきありがとうございます。

 

私なりに半沢直樹で堺雅人さんの動機として出演する丸一太さんについてご紹介させていただきました。

いや~正直、半沢直樹に出演するまで私知らなかったですがこうして調べていくうちにどんどん魅力にハマってしまいファンになってしまいそうです。

この記事を読んでくれた皆さんも是非、丸一太さんのこと応援してくれたらうれしいです。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございます。

 

スポンサーリンク