マスク警察とは何者?Twitterで話題で出現場所はどこで被害者は?

スポンサーリンク

 

こんにちは、みわです♬

 

みなさんマスク警察という新しい言葉が生まれていることご存知ですか?

私知らなかったのですがヤフートレンドを見ていて急上昇キーワードだったので気になっていろいろと調べてみました。

この記事ではマスク警察についていろいろと調べてみましたのでご紹介したいと思います。

どうぞ最後までゆっくりとご覧になってください。

 

スポンサーリンク

マスク警察とは何者?

いや~マスク警察とはすごく気になりますよね。

社会的問題の感染拡大の影響で緊急事態宣言が出されるいるときには自粛警察という言葉が生まれています。

自粛警察とは不要不急のが外出の自粛が求められる中で他県からきた車や人へ嫌がらせや抽象的な言葉など浴びせていた人たちです。

中には営業を行っていたお店や店舗に張り紙で『お前たちのおかげで病気がばらまかれる』など 貼られていたということもあったようです。

この自粛警察はマスコミに取り上げられるほどの大きな問題となっておりにもなっています。

マスク警察とは現在緊急事態宣言が解除され日常生活に少しづつですが戻りつつ中でマスクをしていない人に対して罵声などを浴びせる人のようです。

 

マスク警察の出現場所はどこで被害者は?

では気になるマスク警察が出現する場所や被害者はどうなのでしょうか。

マスク警察の被害にあった人の声を集めてみました。

・マスクを忘れてスーパーに行く途中、通りすがりのおじいさんに『お前マスクしてないじゃないか』と唾をはきかけられた

・通勤電車でマスクを忘れて口をハンカチで抑えていたのに後から乗ってきた50代ぐらいの男性に『非常識だ。電車降りろ』と罵倒をあび、ばい菌扱いされた。

・小学生が登校中にマスクのひもが切れ外していたら50代の女に『お前マスクつけろよ、ぶち殺すぞ』と怒鳴られた。

・100均で買い物中にマスクでメガネが曇ったのでマスクをずらしたら『マスクしろ!』と威圧的に言われた。

・路上で周りに人がいなかったのでマスクを外していたら後ろから50代の女性が近寄ってきて「マスクつけろばい菌」と言われた。

・飲食店で料理している人が一瞬マスクを外しているところを見られ料理を提供したら「この料理は食べても大丈夫なのか?」と言われた。

 

などとかなり神経質すぎる行動ですよね。

被害者のコメントを見てみると出現場所はどこでもマスク警察は出現するのではないでしょうか。

確かに社会的問題はまだワクチンなど開発されていませんが新しい生活様式で始まっているだけにさすがにこれはネットやマスコミでも行き過ぎという意見が多いです。

実際、厚生労働省でも、社会的問題の感染対策として着用されているマスクについてですが、「夏期の気温や湿度が高い中でマスクを着用すると、熱中症のリスクが高くなる恐れがある」として、場所によってはマスクを外すなど、熱中症予防を呼びかけています。

もしかするとマスク警察の方はこれから夏を迎えるのにマスクの使い方を理解されていない可能性がありそうです。

 

スポンサーリンク

 

マスク警察に対する世間の反応は

世間でもマスク警察に対して様々な意見が飛び交っています。

みわ
う~んネット上でもマスク警察の神経質に対していろいろな意見があるね
よっくん
自粛警察に続くマスク警察ですか・・・(汗)

 

スポンサーリンク

マスク警察のまとめ

さてここまでご覧いただきありがとうございます。

私なりにマスク警察についてご紹介させていただきました。

確かに緊急自他宣言が解除され県外をまたぐ移動も緩和されてことで人の動きが変わってきました。

確かにマスクをしてない人もたまに見ますが少し神経質なのではないでしょうか。

まだまだマスクを巡り、振り回される毎日が続いていきまが、それよりも飛沫を受けないように密にならずソーシャルディスタンスを保ちたいですね。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございます。

スポンサーリンク