ニガミ17才のメンバーやバンド名の由来を調査!ライブの定番曲は何か気になる!

スポンサーリンク

 

こんにちは!みわです♬

 

みなさんミガミ17才というロックバンドがいることご存知ですか?

 

日本テレビの音楽番組『バズリズム02』のコーナーで今年バズるアーティスト2位だったのですごく気になりいろいろと調べてみました。

 

この記事ではニガミ17才のメンバーや名前の由来を調査!ライブの定番曲は何か気になる!と題しましてニガミ17才についていろいろと調査していきたいと思います。

 

どうぞ最後までゆっくりとご覧になってください。

スポンサーリンク

ニガミ17才のメンバーの紹介!

 


ニガミ17才は、2015年に結成された日本人の女性1人、男性3名の4人組のロックバンドですよ~

 

早速ですがメンバーの名前などご紹介していきますね。

 

岩下優介

岩下優介さんの担当はボーカル、ギターです。

元々は2002年に結成されたバンド嘘つきバービーのベース、ボーカルを担当していましたが解散後2015年にニガミ17才を結成しています。

 

見た目はなんかよれよれの服を着たいいおっさんに見えますが一度マイクを持ったらめちゃくちゃかっこいい歌を歌うんですよ~

 

平沢あくび

平沢あくびさんの担当はシンセサイザーでほとんどの楽曲でコーラスも担当しています。

実は彼女ですが元女優さんだったようで3歳から芸能界で活躍されていて村上春樹原作の映画「ノルウェイの森」などにも出演していたんですよ!

 

そんな彼女ですがこのまま女優としていくか悩んだ時期もあったようですがニガミ17才結成の2015年に所属事務所を退社し平沢いずみから平沢あくびに名前を変えて活動しています。

 

イザキタツル

ニガミ17才のベースを担当するのは水瓶座でO型、犬好きの2月1日生まれのイザキタツルさんです。

イザキタツルさんがニガミ17才に入るきっかけになったのはメンバーの小銭喜剛さんの紹介だったようです。

 

イザキタツルさんが奏でるベース音はめちゃめちゃリズム感がよく思わずノリノリになってしまいますよ(笑)

 

小銭喜剛

 

ドラムを担当するのは小銭喜剛さんです。

 

小銭喜剛さんは元は「ミドル」というバンドグループでドラマーとして活動していましたが2010年に解散しニガミ17才で活動しています。

 

「ミドル」での活動は過激なパフォーマンスで有名だったようでニガミ17才でも健在のようですよ(笑)

 

ネットでは怖~い感じの噂もあるようですが実はめちゃ熱いドラマーなんですよ~

 

スポンサーリンク

 

ニガミ17才のバンド名の由来

 

バンド名っていろいろな思いが詰まっているからすごく気になりグーグル検索やツイッター検索などあらゆる方法を駆使し探してみました。

 

バンド名の由来は岩下優介さんが元いた嘘つきバービーの“アマミとニガミ”という曲からとったようです。

あくび「しかも、嘘つきバービーの曲で“アマミとニガミ”っていう曲があって、その〈ニガミ〉なのかな、とか。17才の思春期のときの〈甘酸っぱさ〉じゃなくて〈苦さ〉なのかな、とか。そういうセンスが岩さんらしいなと思ったんですよね」

参照 Mikiki

 

新バンド結成で初々しさとわか若さを求め付けたバンド名なのかな~

 

それにしても覚えやすいしインパクトありますよね(笑)

 

ニガミ17才のライブの定番曲は

 

ニガミ17才のライブでの定番曲といえばミュージックビデオがYoutube上で公開されている『おいしい水』ですよね~

 

おいしい水は2017年2月17日にニガミ17才初のミニアルバムに収録されています。

 

あとライブに欠かせない曲がセカンドミニアルバムに収録されている『化けるレコード』ですよね~

 

ライブでこれヤバいですよね~絶対ノリノリになりますよ~

 

スポンサーリンク

 

ニガミ17才を見にいこう

 

さてここまでご覧いただきありがとうございます。

 

私なりにニガミ17才のことについてご紹介させていただきました。

 

こうしてニガミ17才のことを調べていくうちに私も音楽の魅力にハマってしまいそうでファンになってしまうかもしれません。

 

楽曲も奇抜です不思議な部分も多いですがなぜだかノリがいいので今後の活躍が期待できますね~

 

この記事を読んでくれた皆さんもニガミ17才のファンになってくれたら嬉しいです。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございます。

スポンサーリンク