野澤めぐみ(厚生労働省)wiki風プロフィール!経歴や顔画像が気になる!

スポンサーリンク

 

こんにちは!みわです♪

 

みなさん野澤めぐみさんていう厚生労働省に勤務する女性ご存知ですか?

 

私昨日まで知らなったのですがネットで女優の上野樹里さんに似ていると話題になっていたのでいろいろ気になり調べてみました。

 

この記事では上野樹里さんに似ている野澤めぐみさんのプロフィールなどご紹介したいと思います。

 

また気になる経歴なども調べてみましたのでどうぞ最後までゆっくりとご覧になってください。

スポンサーリンク

 

野澤めぐみ(厚生労働省)wiki風プロフィール!

 

早速ですが野澤恵さんのプロフィールを調べてみましたので私なりにWiki風にご紹介します。

 

名前:野澤めぐみ

生年月日:不明

出身地:不明

血液型:不明

職業:厚生労働省(秘書管理官扱い)

出身大学:一橋大学

前職業:新聞社

 

野澤恵さんですが厚生労働省に勤務していますが最近認知された方ので情報が少ないんですよね。

 

ネット上では年齢は45歳から46歳という噂が流れています。

 

この噂のもとは2002年にインタビューを受けていた時に『大学を卒業して5年が過ぎ』と答えていることからのようで逆算していくと1974年生まれではないかという推測のもとです。

 

野澤めぐみ(厚生労働省)の経歴

 

厚生労働省の秘書管理官を務める野澤めぐみさんの経歴がすごいんですよ。

 

日本でもトップクラスの一橋大学を卒業後、新聞社に就職しています。

 

2000年に厚生労働省に入省しOECD(経済協力開発機構)に出向してロンドン赴任していた経験もあります。

 

なので英語もかなり得意なようでどんな仕事でも淡々とこなしていくまさにできる女性です。

 

さらに現在のポジションの秘書官事務取扱は課長になる前のようでいわば出世コースの一つのようで今後ますますの活躍が期待されます。

 

それに厚生労働省では様々な知識が必要とされることから野澤めぐみさんは省内でもかなり優秀な人物の一人のようです。

 

それは今回の国会を見ていても加藤勝信厚労相の後ろで山のような書類を質問ごとにテキパキととり大臣に伝えている姿を見ればわかりますよね。

 

 

・2000年:職業能力開発局能力開発課・愛知労働局・名古屋中央公共職業安定所・名古屋北労働基準監督署

・2001年:労働基準局勤労者生活部企画課

・2002年:厚生労働省大臣官房国際課

・2019年:秘書官事務取扱に抜擢(9月より)

 

 

スポンサーリンク

 

野澤めぐみ(厚生労働省)の顔画像は

 

野澤めぐみさんがネット上では上野樹里さんに似ているということで顔画像を比べてみたいと思いグーグル検索やツイッターなどあらゆる手段を駆使し探してみたもののプライベートの顔画像は見つけることができませんでした。

 

もしかしてプライベートではSNSなどを行っていると思ったのですがさすがキャリア官僚なのかなかったです。

 

唯一顔画像が確認できるのは2002年に大臣官房国際課時代の時インタービューを受けていたところに記載されています。

 

野澤めぐみさんの顔画像を確認してみる方はこちらから

 

さすが18年前と会ってとても若々しくすごく可愛かったですよ!

 

ただ上野樹里さんに似ているといえば似ている感じもしますがでもちょっと違うような感じがしますよ(笑)

 

ちなみに上野樹里さんはますます綺麗になっていきますね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

上野樹里(@_juri_art_)がシェアした投稿

黒澤めぐみさんの国会での仕事姿はこちらから

 

野澤めぐみさんの家族構成

 

キャリア官僚の家族構成が実はすごく気になっていろいろと調べてみたのですが家族の情報などは見つかりませんでした。

 

でも年齢的に45歳ということは結婚して子供がいてもおかしくない年ですよね。

 

となると同じ官僚の男性と結婚している可能性が高いのではないでしょうか。

 

そして素敵なお子さんもみえる気がしますよ。

 

ズバリ私の予想は子供は男の子、女の子の2にんの4人家族だと思います。

 

きっとお子さんたちもかなり頭がいいのではないでしょうか~

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

さてここまでご覧いただきありがとうございます。

 

私なりに上野樹里さんに似ていると噂の野澤めぐみさんについてご紹介させていただきました。

 

なんか国会て堅いイメージだから美人さんが写っているとホッとするのは私だけかな(笑)

 

野澤めぐみさんですが出世コースを歩んでいるようなのでいつか国会を牛耳るかもしれないので注目ですね。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございます。

 

スポンサーリンク