一度に払える硬貨の枚数制限はあるの?紙幣は何枚まで大丈夫か調査!

スポンサーリンク

こんにちは!

みわです。

 

最近は日本でもPayPayやラインPay,、クレジットなどの

キャッシュレス化が進みなかなか現金での

支払いも少なくなったのではないでしょうか?

 

かといって支払金額が少ないときはまだまだ

硬貨で支払っていることも多いと思います。

 

そんな硬貨ですが実は支払いには枚数制限

があることを知ってましたか?

 

この記事では一度に払える硬貨の枚数制限や

紙幣についてご紹介したいと思います。

 

どうぞ最後までゆっくりとご覧になってください。

スポンサーリンク

一度に使える硬貨の枚数は?

 

コンビニやスーパーではキャッスレス化が

進んで現金で払う人の方が近い将来

少なくなっていくようですね。

 

先日、ツイッターを見ていたら

1円玉を75枚でお会計をしたご老人の

話が上がっていました。

支払いはできたのに店員の態度が云々という内容??

 

そもそも硬貨の支払える枚数は決まってたのでは

なかったかなと思い調べてみたら

やっぱりそうでした。

硬貨は20枚までしか一度に支払うことが

できないのでした。

意外に知らない人が多いんですよ。

 

なので、お店に人は21枚以上の硬貨をだした

お客様にお断りすることができるんです。

反対にお店が拒否をしなければ受け取ることも

可能なんですよ。

 

私もスーパーで一円玉をゆっくり出している人の

後ろに並んだことがありますが

思ってはいけないですが少しだけイライラ

した経験があります。

 

硬貨は20枚までとありますがやはり

周りへの配慮はしてほしいと思います。

 

とりあえず硬貨は20枚までだということは

覚えておいたほうがよさそうですね。

 

 

紙幣は何枚まで大丈夫?

 

硬貨は20枚までということですが

紙幣は何枚まで使用できるのか

調べてみたら、紙幣は無制限でした。

 

それはそうですよね。

紙幣が枚数制限あったら高額な商品は

現金決済できないということになりますね。

 

紙幣の枚数は無制限なのはわかっていますが

実際のところ10万円の商品を1000円札で

渡されると100枚数えるのって大変ですよね。

 

私も経験がありますが忘年会の幹事を担当し

大量の1000円札で支払いをしたことがあります。

あらかじめ両替して1万円で出してあげた方が

よかったかなと思って毎回忘れてしまいますが(笑)

 

スポンサーリンク

 

貯まった小銭をどうにかしたい!

 

お釣りを貯金したり500円玉貯金をしたり

硬貨が家にたくさん貯まってどうにかしたいと

いうときありますよね。

 

そういう時はATMで自分の口座に硬貨を

入金することをおすすめします。

 

そうすればお金がかからず両替ができたことと

同じですよね。

 

 

硬貨は枚数の制限があり

1回につき100枚までしかできないです。

あと時間帯も決まっていて

8:45~18:00までになっていますので

ご注意くださいね。

 

 

まとめ

 

ここまで記事を読んでいただきありがとうございます。

 

一度に払える硬貨の枚数についてご紹介しましたが

いかかでしたか。

 

あまり大量の硬貨を使う人はいないと思いますが

硬貨を使うときは20枚までなので覚えていてくださいね。

 

キャッスレスの支払いで現金を使わなくなってますので

小銭がたまることもなくなってくるのでは!

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク