大阪ミナミ発の元国民的アイドルXとは誰?黒い疑惑をTOCANAは指摘!

スポンサーリンク

 

こんにちは、みわです♪

 

みなさん芸能界の闇や黒い噂など普通の週刊誌などでは扱わない案件を報道するメディア『TOCANA』から黒い疑惑が浮上している芸能人が公表されました。

今回黒い疑惑を指摘されているのは大阪ミナミ発の国民的人気女性アイドルグループの元メンバーXとのことですが真相はいかなるものなのでしょうか。

この記事では大阪ミナミ発の元国民的アイドルXとは誰?黒い疑惑をTOCANAは指摘!と題しまして元国民的アイドルXについて紹介したいと思います。

どうぞ最後までゆっくりとご覧になってください。

スポンサーリンク

大阪ミナミ発の元国民的アイドルXに黒い疑惑をTOCANAは指摘!


TOCANAの報道によると国民的人気女性アイドルグループの元メンバーXに黒い噂にまつわる目撃情報が大阪ミナミにあるバーの黒服から寄せられたとのこと。

どうやらこのような噂は今に始まったことではないといいます。

今回のタレコミですが黒服を奴隷扱いをして上から目線の態度を繰り返したことからのようです。

Xが通っているバーは芸能人が多く集まることで知られているところですが最近そのVIPルームで、Xが男と一緒にかなりやばい姿でいちゃついてると噂になっています。

 

大阪ミナミ発の元国民的アイドルXの人物像

さてここでは大阪ミナミ発の元国民的アイドルXの人物像をTOCANAの報道からまとめてみたので紹介します。

 

元国民的アイドルXの人物像

・国民的人気アイドルグループの元メンバー

・メンバーとして数年間活動していた。

・脱退後バラエティ番組を中心に活動している。

・映画や舞台など幅広く活動している。

 

という元国民的アイドルXの人物像が浮かび上がってきました。

TOCANA報道を見る限りは20代後半から30代の女性タレントで現在はマルチな活躍されて人みたいですね。

スポンサーリンク

大阪ミナミ発の元国民的アイドルXとは誰?

この大阪ミナミのバーの黒服の証言の元国民的アイドルXが誰なのかすごく気になりグーグル検索やツイッターなどあらゆる手段を駆使し探してみたところネット上ではすでに何人かの女性タレント名前が挙がっているようです。

国民的アイドルといえば

・乃木坂46

・AKB48

・モーニング娘

・ももいろクローバーZ

・Perfume

 

あたりが思い浮かびますよね。

ネット上の情報を整理するとRSさん、MGさんあたりが多く声が上がっているようです。

早速ですがTOCANA報道の人物なのか検証していきたいと思います。

 

RSさん

RSさん国民的アイドルグループの5期生としてオーディションを受けて見事に合格して芸能界入りしています。

バックダンサーとして初舞台を踏みその後、正規メンバーに昇格しています。

その後グループの移籍騒動などありましたが2019年にアイドルグループを卒業しています。

もともとマルチな才能の持ち主だったRSさんですが卒業後はプロデューサーとしても手腕を発揮し現在はバラエティー番組などでもMCなど務めています。

ここまで見る限り元国民的アイドルXのように思えるのですがとても人を奴隷扱いするような性格ではないことからTOCANA報道の人物の可能性は低そうです。

MGさん

1990年代一世風靡した国民的アイドルグループの一員で「10年に1人の逸材」と言われています。

グループに加入直後にいきなりセンターポジションを担当するほどの期待が高い人物でした。

卒業後はミュージカル・舞台・テレビドラマ・映画・CMなどなど活躍の場を広めています。

ということはMGさんがTOCANA報道の人物なのかと思われそうですが国民的アイドルグループのメンバーとしての活動は3年ほどなので今回の人物の可能性は低そうです。

今回RSさん、MGさんと名前が挙がっていたのはTOCANA報道にキーワードに一致する部分が多かったので噂になったようですね。

また大阪ミナミのバーの黒服の証言の元国民的アイドルXの新情報が入り次第、お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク
みわ
このアイドルと同じ人物なのかな?

元国民的アイドルグループメンバーXとは誰?黒い疑惑をTOCANAが指摘!

2020.07.23

まとめ

さてここまでご覧いただきありがとうございます。

私なりにTOCANAが黒い噂を指摘する元国民的アイドルXについてご紹介させていただきました。

火のない所に煙は立たぬ言いますが最近芸能界でも活動を再開してロケや収録など多くなってきているだけに心配なところもありますよね。

ファンのためにもあくまでも噂で終わることを願いたいです。

それでは最後までご覧いただきありがとうございます。

スポンサーリンク