丸餅と角餅の違いは何?どこの地域が境界線なのか調査!

スポンサーリンク

こんにちは!みわです。

 

丸餅と角餅の違いって何か気になりませんか?

お餅の食べ方はいろいろありますが

一番多いのはお正月に食べる雑煮ですよね。

 

一般的には東は角餅で西が丸餅だと

言われていますがそこにどんな理由が

あるのでしょうか。

 

そんなお餅の裏話や丸餅と角餅の

境界線はどこなのか調べてみましたので

ご紹介していきます。

 

それでは最後までごゆっくりとご覧ください。

 

スポンサーリンク

丸餅と角餅の違いは何?

 

お餅は行事なのでお供えされるようになり

鏡餅が登場したのは平安時代ごろ。

室町時代には貴族や武家などの間で

祝いの食事として食べられるようになり

庶民が食べるようになったのは江戸時代

になってからのようですね。

 

関西では昔から「円満」を意味する

縁起物の丸餅が食べられていました。

関東でももともと丸餅を食べられていた

そうなんですよ。

ではなぜ関東では角餅が食べられるように

なったのでしょうか。

 

江戸時代は武家の支配が長く戦の前には敵をのす

という意味でのし餅が作られていて

四角く切って焼いたお餅をお雑煮として

食べていたんですって!

 

また江戸は人口が多かったため一つ一つ

餅を丸めることは大変だったため

のし餅だと大量に作れるので角餅に

なったという説があります。

 

西は丸餅で東が切り餅だというのは

知らなかったです。

私は子供のころから丸餅を食べて

ましたが丸餅や角餅があるのは

好みの問題だと思っていました。

西と東でわかれているとは初耳でしたよ!

 

丸餅と角餅の境界線はどこの地域?

 

丸餅と角餅の境界線がどこなのか

気になりますよね。

境界線はだいたい岐阜県の関ヶ原だそうです。

そういえば即席めんのだしやスナック菓子の味の

境界線も関ヶ原あたりで別れていますね。

 

お餅といえば雑煮で食べるのが主流ですよね。

お雑煮は5つも文化圏にわかれる

みたいなのでご紹介していきますね。

 

角餅

・すまし文化圏

北海道、東北、関東、中部地方

丸餅

・すまし文化圏

中国、四国、九州地方

 

・赤味噌文化圏

北陸地方の一部

 

・白味噌文化圏

中部地方の一部、四国地方の一部、中国地方の一部

 

・あずき汁文化圏

中国地方の一部

 

私は大阪出身ですので丸餅を食べていました。

大阪は白みそで縁起の良い丸餅を使います。

金時人参・大根・海老芋なども

なるべく丸く切って入れるんですよ。

 

今は名古屋に住んでますのでこちらの

お雑煮は角餅ですまし汁です。

具材は餅菜とよばれる青菜とカツオ節

がかかっています。

初めて食べたときはびっくりしました。

お雑煮は豪華なイメージがあったので

あまりにもシンプルすぎて・・・

でも今はこれが

日本一シンプルな雑煮と呼ばれている

みたいですよ。

スポンサーリンク

各地方のお雑煮のこだわりは?

 

各地方でお雑煮のこだわりがあり

地方ごとにさまざまです。

お正月にいただく雑煮は昔は祝い事が

あれば食べられていたそうです。

その土地の特上の食材で神様にささげる

供え物とされていました。

各地方で雑煮にはこだわりがありますよね。

 

北海道の雑煮は鮭やじゃがいもやいくら

といった北海道のならではの食材が入り

石狩鍋風で豪華な雑煮という家も

ありますが実際にはまちまちです。

明治維新後に全国各地から移り住んだ人が

多く出身地の伝統を受け継いでいるため

家庭ごとに異なるようです。

 

東京の雑煮は醤油仕立てであっさり

としたすまし汁に角餅が入ります。

各家庭で違うかもしれませんが

鶏肉や小松菜などの野菜が入ります。

 

京都の雑煮は白みそで丸餅は焼かずに

煮るタイプです。

具材は金時人参や大根が入ります。

白みそは大阪や奈良でも使われます。

 

最後に

 

ここまで記事を読んでいただきありがとうございます。

 

丸餅と角餅について紹介させていただきましたが

いかがでしたか。

 

関ヶ原が境界線で丸餅と角餅がきれいに

分かれていましたね。

 

最近では餅つきなどもしなくなり

お餅屋さんでお餅を注文することも少なく

なっているので市販の切り餅を購入する

家庭が増えてきています。

 

関西でも市販の切り餅を食べる人が増え

角餅を食べる家も多くなってきてるみたい。

市販の切り餅はカビも生えないし便利だけど

なんだか味気ないような気もしますね。

 

お餅について書いていたらお雑煮が

食べたくなりましたよ。

お正月が待ち遠しいですね。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございした。

スポンサーリンク