連ドラ出演中の超イケメン大物俳優は誰か判明⁉撮影は打ち切り⁉【TOCANA】

スポンサーリンク

 

こんにちは!みわです♬

 

みなさん週刊誌などでは扱われない芸能界の闇や噂を報道する【TOCANA】からまたしてマトリ(警察)からマークされている芸能人が報じられましたよ。

 

今回マークされているの連ドラ出演中の超イケメン大物俳優とカリスマ性があるイケメン個性派俳優のXとのことですが果たして逮捕されるのでしょうか?

 

この記事では連ドラ出演中の超イケメン大物俳優とイケメン個性派俳優のXが誰なのかを紹介したいと思います。

 

どうぞ最後までゆっくりとご覧になってください。

 

スポンサーリンク

 

連ドラ出演中の超イケメン大物俳優は誰か判明⁉

一人は過去にも薬物摂取疑惑が話題になった俳優だが、逮捕には至らず、現在もテレビドラマに継続的に出演しており、主演をはることも多い。現在も連続ドラマに出演している。

「この俳優は海外で薬物を摂取しているともっぱらの噂です。数年前に帰国した時には、税関で止められて大騒ぎになり、持ち物検査や尿検査が実施されたそうです。その際、持ち物から違法薬物は出てこなかったのですが、尿検査で引っ掛かりました。でも、海外での摂取ということで無罪放免となったのです。ですが、今連ドラの撮影しているでしょ? 必ず日本で違法薬物をやるだろうと考えるマトリが多いようです」

参照 TOCANA

 

TOCANAの報道によると現在マトリ(警察)にマークされているのは過去にも何度か名前が挙がっている超イケメン大物俳優で過去に海外から帰国したとき税関で持ち物検査や尿検査などを受けていたと報じています。

 

連ドラ出演中の超イケメン大物俳優は誰

 

TOCANAの報道から見える連ドラ出演中の超イケメン大物俳優の人物像をまとめてみましたのでご紹介します。

 

・超イケメン俳優

・大物俳優

・テレビドラマに継続的に出演している

・主演をはることが多い

・数年前に海外から帰国した時には、税関で止められたことがある

・現在も連続ドラマに出演している

 

という人物像が浮かんできます。

 

現在連続ドラマというと

 

・麒麟がくる 主演  長谷川博己

・テセウスの船  主演 竹内涼真

・シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。 主演 清野菜名、横浜流星

・病室で念仏を唱えないでください 主演 伊藤英明

・絶対零度~未然犯罪潜入捜査~  主演 澤村一樹

・恋はつづくよどこまでも  佐藤健

・10の秘密 主演 向井理

・知らなくていいコト

・ケイジとケンジ 所轄と地検の24時 主演 桐谷健太、東出昌大

 

となっておりどの俳優さんもかなりイケメンで大物俳優さんですよね。

 

ただ今回選んだ俳優さんで税関で止められたことがあるという事実や噂などないですしたまた【TOCANA】の他のキーワードに位置しただけで真相は分かっていません。

 

ちなみに俳優さんで過去に税関で止められたことのあるのは武田真治さんですが連続ドラマで主演となるとやはりちうように感じます。

 

今回マトリからなんどもマークされている超イケメン大物俳優が誰なのかは引き続き調査を進め新たな情報が入りましたらお伝えします。

 

スポンサーリンク

カリスマ性があるイケメン個性派俳優のXは誰?

 

今回【TOCANA】の報道ではマトリ(警察)から常にマークされている人物がいると報じています。

 

すでにマトリにガサを掛けられた過去があるカリスマ性があるイケメン個性派俳優のXとのことです。

 

神奈川県内に住んでいるようでマンションにマトリのガサ入れが入った時にあおるような態度を行っていたようです。

 

ここでカリスマ性があるイケメン個性派俳優のXの人物像を考えてみました。

・神奈川県在住の俳優

・カリスマ性がある

・イケメン

・個性派俳優

・自宅で事故を起こしている

・実際に今でも色々なメディアで同じ件で報道される

 

実際に今でも色々なメディアで同じ件で報道されていて個性派でイケメンとなるとやはり窪〇洋〇さんと思ってしまうのですが実際のところこれだけのキーワードで決めつけるのは難しいですね。

 

まとめ

 

さてここまでご覧いただきありがとうございます。

 

私なりに連ドラ出演中の超イケメン大物俳優とイケメン個性派俳優のXについてご紹介させていただきました。

 

昨年はピエール滝さんや沢尻エリカさんなどの不祥事でドラマやCMなど降板でどのテレビ局も大迷惑が掛かっています。

 

果たして今年も降板劇で世間をあっと驚かすのでしょうか?

 

今後の芸能界にも目が離せないですね~

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございます。

 

スポンサーリンク