スマホの電池を節約する方法のご紹介!台風や地震の停電対策は万全?

スポンサーリンク

こんにちは!

みわです。

 

最近、台風や地震など大災害が多いですよね。

 

2018年は北海道の地震の影響で北海道全域が停電する

という被害がありあしたね。

 

2019年は台風により千葉県で何日も電気がこないという

事態が発生しています。

 

停電がおこるとテレビなどの情報も見ることが

できなくなる為スマホだけがたよりになりますが

充電がもつのも時間の問題!

 

停電の解消までなんとか充電がもつように

スマホの電池を節約する方法はないかと

調べてみました。

 

この記事ではスマホの電池をできるだけ長持ちさせる

方法をご紹介していきます。

 

それでは最後までごゆっくりとご覧ください。

スポンサーリンク

 

スマホの電池を節約する方法は?台風や地震の停電対策万全

 

災害で突然、電力がストップすることがおこったら

情報網はスマホだけになってしまいます。

 

充電ができないと情報が入ってこなくなってしまうので

今から対策を立てておきたいですね。

 

台風や地震の停電でも使えるスマホを節約する

方法をご紹介しますね。

 

今回の設定方法の説明はiPhoneでしていますので

ご了承ください。

 

低電力モードに設定する

 

低電力モードにするとiPhoneが完全に

充電できるまでダウンロードやメール受信を

一時的に抑えることができます。

3時間ぐらいバッテリーが延長しますので

停電になったらすぐに設定を変更する

ようにしてください。

 

【低電力モードにする】

①設定画面

②バッテリーを押す

③低電力モードをオン

 

 

画面をできるだけ暗くする

 

画面表示の電力はすごく大きいので明るさを

減らすことで省エネになります。

スマホはディスプレイが一番バッテリーを

消費するので停電になったら

絶対に設定を変更しましょう。

 

【明るさを下げる】

①設定画面

②画面表示と明るさを選ぶ

③明るさのバーを調節する

 

【明るい色の明度を下げる】

①設定画面

②一般を選択

③アクセシビリティを選択

④ディスプレイ調整を選択

⑤ホワイトポイントを下げるをオン

 

スポンサーリンク

 

機内モードに変更する

 

スマホが圏外の状態になるとスマホは電波を

さがそうとし大きな電力を使用します。

電源を入れたまま圏外の状態だと

電池は知らない間にどんどん消耗してしまいますので

機内モードに変更してください。

 

【機内モードに設定】

①設定画面

②機内モードオン

 

 

画面ロックの時間を早める

 

画面がロックする時間を早めることで

電池の消費を抑えます。

ついつい画面の着るのを忘れてしまいがち。

自動的に暗くなることで画面を切り忘れを防ぎます。

 

【画面のロック時間変更】

①設定画面

②画面表示の明るさを選択

③自動ロック選択

④分数を選択

 

 

アプリの通知を切る

 

アプリの通知で画面が明るくなることを

避けるためにアプリの通知を切ることを

おすすめします。

LINEやメールなどを除いて止めてしまっても

いいかもしれませんね。

 

【アプリの通知を切る】

①設定画面

②通知を選択

③アプリ選択

④通知の許可をオフ

 

 

使用していないアプリは削除する

 

ゲームなどをダウンロードしてまったく使用していない

アプリは削除してしまいましょう。

少しでもバッテリーの充電を長くするために

いらないものをチェックしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

停電になった時のためにスマホのバッテリー節約方法

についてご紹介しましたがいかかでしたか。

意外とバッテリーの節約方法って知らない人が

多いですよね。

 

これを知ってるか知ってないで大きく

変わってしまうのでこの記事を見て

いただけている方は参考にしていただけたと思います。

 

いざというときに慌てないように

日頃から災害に対して準備しておくことは

大事なことですね。

台風や地震の停電でも使える節約術を絶対に

覚えていてくださいね。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク