テセウスの船の音臼小無差別殺人事件の犯人は誰?目的や動機は?

スポンサーリンク

 

こんにちは!みわです♬

 

みなさんこの冬注目のドラマがスタートしましたね。

 

TBS系列の日曜洋画劇場の竹内涼真主演のテセウスの船は原作漫画もあり私もすごく楽しみにしていたドラマです。

 

主役の田村心を演じる竹内涼真がタイムスリップをして父親の犯した事件の真相や犯人などを暴き出すのに注目ですよね~

 

この記事でドラマ内で起きた音臼小無差別殺人事件の犯人が本当は誰なのかを紹介したいと思います。

 

更に原作の違いやネタバレなどもまとめてみましたのでどうぞ最後までゆっくりとご覧になってください。

 

スポンサーリンク

 

ドラマ「テセウスの船」とは?

 

 

ドラマ、テセウスの船の原作は東元俊哉さんの漫画で週刊漫画誌のモーニングで連載されていたそうです。

 

ドラマ化が決定されてからはだれがこの漫画の主人公を演じるのかが話題になっていましたよ。

 

このドラマで主人公を演じるのはテセウスの船と同じく日曜劇場枠の陸王や下町ロケットなどにも出演していた竹内涼真さんです。

 

竹内涼真さんが演じる田村心は警察官の父親のおこした殺人事件の謎を追うという役どころ。

 

それでは簡単にあらすじについてご紹介していきますね。

 

テセウスの船のあらすじ

 

音臼村の小学校でおこった無差別殺人事件の犯人の息子の田村心(竹内涼真)は殺人犯の家族として世間から厳しい批判を受けながら日陰の道を歩んできた。

 

そんな暗闇の中でも心の事情を知った上で励ましてくれる最愛の妻の田村由紀(上野樹里)から心の父親の事件には不自然な点があり冤罪じゃないかと。

 

妻から父親を信じてみてと言われた心は父親と向き合ってみようと決意する。

 

そんな心を励ましささえてくれていた妻が娘を出産した際に死亡してしまう。

 

心は父の逮捕された事件の現場の音臼村を訪れるが突然、事件の直前の平成元年にタイムスリップしてしまう。

 

そこで心は自分の生まれる前の父親・佐野文吾と母に出会うがそこには優しい家族の風景があった。

 

父の佐野文吾は本当に無差別殺人事件の犯人なのか?

 

心はタイムスリップした世界で父が起こしたとされる事件の謎を解き明かし、無差別殺人事件を阻止することができるのか・・・

 

スポンサーリンク

テセウスの船の音臼小無差別殺人事件の犯人は誰?

 

テセウスの船のドラマ音臼小無差別殺人事件の犯人はいったい誰なのか知りたいですよね。

 

ドラマを見ていて個人的に怪しいなと思ったのは金丸茂雄という辣腕刑事役のユースケサンタマリアさんなんですがどうなんでしょうか。

 

ユースケサンタマリアさんが出てくるだけで犯人じゃないと思ってしまうのは私だけかな~(笑)

 

テセウスの船の犯人の目的や動機は?原作のネタバレ!

 

テセウスの船の音臼小無差別殺人事件で犯人の目的や動機はなんだったのでしょうか?

原作のネタバレを見ていきたいと思います。

 

ドラマを見たいのでネタバレを知りたくない人は見ないで飛ばしてくださいね。

 

テセウスの船の犯人は?

 

 

テセウスの船の犯人は原作からのネタバレで判明しています。

 

2017年、車いすの加藤みきおと鈴(貫地谷しほり)に寄り添いながら暮らしていますが鈴と暮らしている加藤みきお(安藤政信)がこの音臼小無差別殺人事件の犯人のようなんですよ。

 

いったいなぜ加藤みきおは音臼小無差別殺人という犯行をおこしたのでしょうか。

 

音臼小無差別殺人の目的や動機は?

 

加藤みきおが音臼小無差別殺人をおこした動機はいったいなんだったのでしょうか。

 

加藤みきおは小樽から転校生として鈴のいる小学校にやってきます。

 

加藤みきおは席が隣だった鈴に優しくしてもらったことで鈴のことを好きになっていき次第に自分のものだけにしたいという思いなっていきます。

 

同級生の三島明音ちゃん殺害は鈴をイジメていたことで鈴のために殺したようです。

 

ある日、みきおは鈴に好きな人はいないかと尋ねると鈴は好きな人はいないけどお父さんみたいな人と結婚したいと答えます。

 

それを聞いた加藤みきおは鈴の父親・佐野文吾を犯人に仕立て上げることを思いつきます。

 

加藤みきおは鈴が父親のように正義感のある人が好きだということが許せなかったので毒入りジュースをくばり佐野を犯人に仕立て上げた?

 

加藤みきおの目的は鈴の好きな父親・佐野文吾がじゃまだったから鈴から引き離すためだったようですね。

 

スポンサーリンク

テセウスの船原作との違い

 

原作者である東元俊哉さんはが脚本をみてく素晴らしいと絶賛したそうですが原作とは一部異なっているところがあるのでまとめてみました。

 

・原作は舞台が北海道の音臼小でしたがドラマでは宮城県の音臼小になっている。

・原作での音臼小無差別殺人事件は1989年6月でしたがドラマは1989年3月に発生している。

 

まとめ

 

ここまで記事を読んでいただきありがとうございます。

 

テセウスの船の音臼小無差別殺人犯は誰なのかについてご紹介してきましたがいかがでしたか。

 

犯人は加藤みきおだということと目的と動機もわかってきましたね。

 

このドラマはタイムスリップ系のドラマなのでちょっと難しいですよね。

 

過去でおこったことを変えると歴史が変わってしまうし未来はいったいどうなるんだろうと訳がわからなくなってしまいます。

 

いろいろ悩みながらドラマを楽しんで見てもらえればいいと思いますよ。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク