筑後川氾濫2020の現場の動画や冠水や被害状況のまとめ!

スポンサーリンク

 

こんにちは、みわです♪

 

みなさん九州では7月4日(土)から記録的な大雨で各地で洪水や氾濫や冠水などの被害に合っています。

そんな中、7月7日(火)には熊本県・大分県・福岡県・佐賀県を流れる筑後川の中流付近、大分県日田市で氾濫が起き大変なことになっているようです。

これにより、大分県日田市、福岡県の久留米市、小郡市、朝倉市、うきは市、大刀洗町が浸水が想定されるているので身の安全を考慮して避難してください!

この記事では筑後川氾濫2020の現場の動画や冠水や被害状況を紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

筑後川氾濫2020の現場の動画や冠水や被害状況のまとめ!

筑後川の現在の状況です。

氾濫が発生したのは8時35分ごろで現在は警戒レベル5となっています!

付近の住民の方は自治体の避難情報に確認して安全を確保してください。

動画や画像を見る限りかなり水位が上がっており氾濫寸前の場所が他にもありますね!

筑後川には決して近寄らないようにしてください。

一部では浸水している箇所があるようです。

 

筑後川氾濫2020の発生場所!

筑後川の氾濫発生した場所ですが大分県日田市付近で筑後川上中流部となります。

7月7日(火)も朝から激しい雨が続いており日向市周辺では1時間に110mmという猛烈な雨量を記録しています!

ただでさえ7月4日から降りしきる雨で筑後川の水位は上昇していたところに記録的な雨が降ったことで氾濫発生したことになります。

これに伴い大分県日田市、福岡県の久留米市、小郡市、朝倉市、うきは市、大刀洗町などは浸水の恐れがありますので気を付けて避難してください!

 

スポンサーリンク

筑後川は過去にも氾濫が

筑後川は規模としては九州地方最大の河川で一級河川に指定されています。

筑後川を筑紫次郎(二郎)とも呼ばれており日本三大暴れ川のひとつと言われています。

そんな筑後川ですが1953年に1度だけ氾濫していたようです!

その時の浸水家屋45万棟、被災者数約100万人、死者・行方不明者1,001名という大被害でしたが今回はどうか被害がないことを願いたいです。

 

筑後川氾濫2020で世間の反応は

筑後川氾濫で世間も安否などを気遣う声が多く出ています。

 

付近の皆さま安全の確保を大事にしてください!

 

スポンサーリンク

まとめ

さてここまでご覧いただきありがとうございます。

私なりに7月7日に発生した筑後川氾濫2020について現在の様子をまとめさせて頂きました。

現在激しく降る雨ですがどうやら7月8日まで降り続けると言います。

氾濫で浸水や冠水などの危険が伴いますので身の安全を確保しながら避難指示をうけ避難してください!

それでは最後までご覧いただきありがとうございます。

スポンサーリンク