台風8号(バービー)2020の米軍ヨーロッパの最新進路予想!九州上陸の可能性は?

スポンサーリンク

 

こんにちは、みわです♪

 

みなさん、今年は台風が少ない中、台風8号(バービー)が発生してしまいました。

まだ、今年は台風が本土に上陸はしていないものの、九州や東北地方では記録てな大雨で地盤が緩んでいます。

8月に入り6つ目と例年より早いペースなだけに今後の動きには警戒したいところです。

そこで、この記事では台風8号(バービー)2020の米軍ヨーロッパの最新進路予想!九州上陸の可能性は?と題しまして今後の動きについてご紹介したいと思います。

どうぞ最後までゆっくりとご覧になってください。

スポンサーリンク

台風8号(バービー)2020の進路予想は?

ウェザーニュースによると、2020年8月22日(土)9時に、与那国島の南で発達していた熱帯低気圧が台風8号(バービー)になりました。

現在、沖縄の先島諸島に近づいており、今後さらに発達するしながら、進んでくることが予想されるので、十分注意が必要です。

2020年8月22日9時現在の台風8号

名称:バービー

現在地:与那国島の南南西約110km

大きさ階級: 

強さ階級: 

進行方向:北

早さ:15 km/h  

中心気圧:1002 hPa  

最大風速:18 m/s (中心付近)

最大瞬間風速:25 m/s

15m/s以上の強風域:南東側 220km・北西側 95km

 

2020年8月23日9時の予想

予想地域:宮古島の北西約240km

大きさ階級: 

強さ階級: 

進行方向:北北東

早さ:10km/h  

中心気圧:992 hPa  

最大風速:23 m/s (中心付近)

最大瞬間風速:35 m/s

予報円の半径:95km

今後台風8号ですが周辺の海面水温が高いことから、急速に発達していくようで、23日(月)9時には、最大風速が30m/sに達する予想です。

さらに、25日(火)には勢力が「強い」になる可能性があるとのことです。

気象庁の台風8号の進路予想を見ても、24日以降は九州地方へ上陸の可能性が出ています。

沖縄の先進諸島にかなり接近するようで、暴風や高波などには注意が必要です。

出典:気象庁ホームページ

 

2020年8月23日13時現在の台風8号

名称:バービー

現在地:久米島の西約270km

大きさ階級: 

強さ階級: 

進行方向:北北東

早さ:ゆっくり 

中心気圧:990 hPa  

最大風速:30 m/s (中心付近)

最大瞬間風速:40 m/s

15m/s以上の強風域:南東側 330km・北西側 165km

 

2020年8月24日17時時現在の台風8号

名称:バービー

現在地:久米島の北約200km

大きさ階級: 

強さ階級: 強い

進行方向:北

早さ:ゆっくり 

中心気圧:975 hPa  

最大風速:35 m/s (中心付近)

最大瞬間風速:50 m/s

15m/s以上の強風域:東側 390km・西側 280km

 

 

2020年8月26日18時現在の台風8号

名称:バービー

現在地:チェジュ島の西北西約230km

大きさ階級: 

強さ階級: 非常に強い

進行方向:北

早さ:20㎞ 

中心気圧:950 hPa  

最大風速:45 m/s (中心付近)

最大瞬間風速:60 m/s

15m/s以上の強風域:東側 165km・西側 110km

 

 

台風8号(バービー)2020の米軍ヨーロッパの最新進路予想

いや~8月、6個目ですからね。

7月が史上初の0でしたから、今年は少ないかなって思っていましたが、ここにきて多く発生しています。

台風8号について他の国はどんな進路予想をしているのでしょうか。

まず米軍の台風8号の進路予想を見てみましょう。

台風8号(バービー)2020米軍予想

出典 JTWC

 

米軍の予想を見ると、九州地方の西を北上していき、朝鮮半島へ上陸の予想をしています。

赤井丸の右側の進路を通ると九州地方には影響は出そうです。

続いてヨーロッパの予想を見てみましょう。

台風8号(バービー)2020ヨーロッパ予想

8月23日

出典 ヨーロッパ中期予報センター

 

8月24日

出典 ヨーロッパ中期予報センター

 

8月25日

出典 ヨーロッパ中期予報センター

 

8月26日

出典 ヨーロッパ中期予報センター

 

8月27日

出典 ヨーロッパ中期予報センター

 

ヨーロッパの予想を見ても九州地方への影響は8月24日から26日にかけて出そうです。

ヨーロッパの予想はよく当たるので、九州方面への移動などは避けた方がいいのでなないでしょうか。

また九州にお住まいの方も、早めに大夫に備えた防災対策を取っておいてください。

 

スポンサーリンク

 

台風8号(バービー)2020の名前の由来

みなさん、台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国であらかじめ140個用意されていています。

台風の発生順につけられ 台風8号の名前「バービー(Bavi)」はベトナムが提案した名前です。

ベトナム北部の山脈の名前からとったようです。

 

世間の反応は

台風8号発生で世間の反応は様々なようです。

早めに皆様、防災対策を取ってくださいね。

 

 

 

進路次第では西日本中心に荒れた天気なりそうです。

皆さま十分注意してください。

スポンサーリンク

まとめ

さてここまでご覧いただきありがとうございます。

私なりに台風8号2020の進路予想についてまとめさせていただきました。

台風は年間では平均すると一年間に26個程度発生します。

1951年から2019年のデーターを見ても、台風の数が少ない時はかなり日本へ上陸する傾向のようです。

また、多くの年がラニーニャ現象となっています。

みなさんこの先の台風8号の進路には注意してください。

それでは最後までご覧いただきありがとうございます。

 

スポンサーリンク