【浦安鉄筋家族】大沢木家取り壊しで撮影はどうするの?次のロケ地はどこ?

スポンサーリンク

 

こんにちは、みわです♪

 

みなさん衝撃のニュースが飛び込んできました。

テレビ東京の人気のドラマ24の浦安鉄筋家族の舞台である大沢木家がまだ撮影が終わってないのに取り壊されてしまったようです。

浦安鉄筋家族の一軒屋ですがドラマの物語では取り壊すので元々取り壊される一軒家を使って撮影していたようですがとんだハプニングですよね~

 

ということでこの記事では浦安鉄筋家族の今後の撮影はどうするのか紹介したいと思います。

また次の気になるロケ地がどこになるのか調べてみましたのでどうぞ最後までゆっくりとご覧になってください。

 

スポンサーリンク

 

【浦安鉄筋家族】大沢木家取り壊し

いや~驚きました。

Twitter見ていたら人気ドラマ「浦安鉄筋家族」で佐藤次郎さんの妻を演じる水野美紀さんのツイートに撮影が中断してい間に撮影で使用していた一軒家が取り壊されたなんて発言があります。

元々家は取り壊しが決まっていたようですが、社会的問題の感染拡大の影響で撮影が中断していましたが、取り壊し業者にしてみたら期日がきたので取り壊してしまったのではないでしょうか。

みわ
スタッフは交渉したのかな
よっくん
う~んまさか撮影がここまで出来ないなんて思わなかったからね

 

【浦安鉄筋家族】大沢木家取り壊しで撮影はどうするの?

『浦安鉄筋家族』は2020年4月20日から放送が開始され現在は6話までしか放送されていませんよね。

7話の放送の予告はすでに出ていますが放送再開の発表もないまだないですよね。

ロケ地が無くなったことで残りの撮影はどうなるのでしょうか?

考えられるのはまずはドラマの構成自体を変えてしまうのではないでしょうか。

元々ドラマ上でも取り壊す予定だったのですでに解体業者が壊しているところは撮影してあり浦安鉄筋家族が何もなくなった場所を見て唖然とするというストーリーが考えられます。

他にはスタジオでセットを作って撮影やCGなどで合成、近々取り壊す家で撮影などが考えられそうです。

ちなにですがこちらは動揺している佐藤次郎さんのツイートですよ~

マジで動揺していることがわかりますよね~

 

スポンサーリンク

【浦安鉄筋家族】大沢木家取り壊しで次のロケ地はどこ?

果たしてロケ地が変わってしまうのでしょうか?

ロケ地に関してですが多分、今後の撮影はスタジオで復元していくと思います。

ネットでは佐藤次郎さんの家でなんて声もありましたが現実的には無理ですよね(笑)

他にはストーリー変えちゃえなんて声も

確かに『浦安鉄筋家族』だから視聴者もきっと許してくれそうな雰囲気ではないでしょうか。

ちなみですが壊されたのはロケ地として使用していた家の中のようで外観はまだ残っているみたいです~

 

浦安鉄筋家族の原作と違いは?

ドラマの再開のアナウンスがなかなかないからそんな時は原作漫画で物語を先読みしてみてはいかがでしょうか。

それにドラマが原作漫画とどこが違うか今回の騒動で楽しみになるのではないでしょうか。

浦安鉄筋家族の原作漫画やアニメは動画配信サービスのU-NEXTで楽しめます。

それに現在放送が中断しているドラマも視聴することができます。

U-NEXTとは14.000本のドラマや映画などの動画が見ることができる動画配信サービスです

月額1990円で(税抜)で一部有料作品を除いてはドラマや映画が見放題で楽しめるサービスなんですよ。

またU-NEXTに登録すると毎月1日に1200円分のポイントもらえるのでそのポイントを利用すれば有料作品や漫画やコミックなど楽しめます。

それに無用トライアル期間があるのでお試しできて期間内に解約すれば手数料など一切かかりませんから安心してくださいね。

動画配信サービス

▽U-NEXTで浦安鉄筋家族を視聴する▽

※クリックすると公式サイトへ遷移します
※無料トライアル中に解約しても料金はかかりません。


【簡単】U-NEXTの無料トライアルの登録と無料期間中に解約する方法!はこちらから

【簡単】U-NEXTの無料トライアルの登録と無料期間中に解約する方法!

2020.03.03

まとめ

さてここまでご覧いただきありがとうございます。

私なりに浦安鉄筋家族のロケ地の取り壊しについてご紹介させていただきました。

いや~まさかのまさかですよね。

水野真紀さんのツイッターではほとんど撮影は終わっているようですが予算の追加ができないなんてことをつぶやいていましたよ。

もしかするとスタッフも初めからこのような落ちになるのではないかと狙っていたかもしれないですね(笑)

この記事を読んでくれた皆さんも今後の展開には注目しておいてくださいね!

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございます。

 

スポンサーリンク