吉名莉瑠の経歴や中学や彼氏情報は?出演作品やプロフィールの紹介!

スポンサーリンク

 

こんにちは!みわです。

 

みなさん吉名莉瑠さんていう

女優さんをご存知ですか?

 

ネットのニュースを見ていてたら

「第32回東京国際映画祭」の

ジェムストーン賞受賞したというのを

知ってすごく気になって色々と

調べてみました。

 

吉名莉瑠さんの経歴や中学はどこか

などをご紹介していきますので

最後までごゆっくりとご覧くださいね。

 

スポンサーリンク

吉名莉瑠さんの経歴やプロフィール

 

 

吉名莉瑠さんの経歴やプロフィール情報

をご紹介しますのでご覧ください。

 

吉名莉瑠さんの経歴は?

 

東京映画祭で東京ジェムストーン賞を

受賞した吉名莉瑠さん!

かわいいというよりキレイな方ですよね。

現在はまだ中学生だそうですよ。

オトナっぽいですよね。

 

吉名莉瑠さんはAIのメンバー?

 

吉名莉瑠さんはAIの6期メンバーなんですよ。

AIって人工知能で何かするの?

ここでいうAIはACTRESS INCUBATIONの略で

AIは2012年より始まった女優養成プロジェクト

なんですよ。

 

女優を目指す少女たちが毎年7名~8名選出され

ショートドラマを撮影しながら実践を

通して演技力をみがいていきます。

YouTubeやニコニコ動画で配信され

ユーザーの投票で演技力を競う。

そんなプロジェクトの6期生が

吉名莉瑠さんなんですよ。

 

このプロジェクトで本格的な女優をめざし

演技力をみがいて今回の賞につながったのですね。

 

吉名莉瑠さんのプロフィール

 

吉名莉瑠さんは高知県出身です。

カツオを始め美味しいものがたくさん

ある気候のいいところですね。

広末涼子さんも高知出身でしたね。

 

吉名莉瑠さんは2004年9月22日生まれで

血液型はO型です。

O型は社交的で好きなことには一途に

とりくむので性格の人が多いので

女優のお仕事への情熱はすごいと思います。

 

吉名莉瑠さんの小学校の時から歌や

ダンスが得意で現在も継続中!

主にHIPHOPやJAZZダンスなどを

やっているそうです。

 

好きなスポーツはバスケット!

見るのも好きだけど自分でも部活で

バスケ経験があるみたいですよ。

 

吉名莉瑠さんの出演作品は?

 

吉名莉瑠さんの出演作品を

ご紹介していきますので

ご覧ください。

 

主な出演作品

 

吉名莉瑠さんの映画やCM

の作品をご紹介しておきます。

 

映画

テイクオーバーゾーン

東京国際映画祭

東京ジェムストーン賞受賞作品

主演:沙里役

映画の舞台は中学校の陸上部!

複雑な家庭の中で葛藤しながら

成長していく14歳の少女を描いてます。

吉名莉瑠さんの演技素晴らしいですよ。

 

CM

・佐鳴予備校(2018年)

その一歩が差になる

・JR東日本(2016年)

北海道新幹線ダンス少年来るぞ篇

 

スポンサーリンク

吉名莉瑠さんの中学校はどこ?

 

吉名莉瑠さんの中学校はどこなのか

しらべてみたのですがどこの中学かは

まだわかっていません。。

 

出身地が高知県ですので高知の中学とも

考えられますがもうすでの芸能界で

のお仕事をされていますので

東京に上京してるかもしれませんので

東京都内の中学校の可能性もあります。

 

そちらの情報はまだわかっていませんが

現在は中学3年生ということですので

2020年の春には高校生に。

どこの高校に入るのか気になりますが

芸能人が多く通学している堀越学園とか

も考えられますね。

 

吉名莉瑠さんの彼氏情報!

 

吉名莉瑠さんに彼氏がいるのか

どうかですがまだ中学生ですので

まだ彼氏とかは考えられないのでは!

 

毎日、歌やダンスに演技の練習や

学業も両立していかないといけないので

とても彼氏ができるとかはもっともっと

先の話ですよね。

 

これからもっと演技にみがきをかけて

素晴らしい女優さんになってくださいね。

 

スポンサーリンク

 

吉名莉瑠さんの活躍が楽しみ!

 

ここまで記事をご覧いただき

ありがとうございました。

 

東京国際映画祭で東京ジェムストーン賞を

受賞した吉名莉瑠さんについて

ご紹介してきましたがいかがでしたか。

 

これからどんどん映画やドラマに出演して

実力派女優の道を突き進んでいってほしいですね。

 

吉名莉瑠さんの今後の活躍を期待しています。

 

この記事を読んだきっかけに吉名莉瑠さんを

応援してあげてくださいね。

 

それでは最後まで記事を読んでくださり

ありがとうございました。

 

スポンサーリンク